ヴェルマンドワ伯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴェルマンドワ伯の紋章

ヴェルマンドワ伯(comte de Vermandois)は、フランス王国伯爵。領地は現在のフランス北東部にあるピカルディ地域圏に属した。

歴代領主一覧[編集]

カロリング家[編集]

  • ピピン1世(886年頃 - 892年) - イタリア王ベルンハルト(イタリア王ピピンの庶子)の息子
  • エルベール1世(892年 - 907年) - 兼サンリス伯
  • エルベール2世(907年 - 943年) - 西フランク王ロベール1世の娘アデールと結婚
  • アルベール1世(943年 - 988年)
  • エルベール3世(987年 - 997年)
  • アルベール2世(997年 - 1035年)
  • オトン(1035年 - 1045年)
  • エルベール4世(1045年 - 1080年)
  • ウード1世(1080年 - 1085年)
  • アデライード(1085年 - 1101年) - 1122年死去、カロリング家最後の子孫、ユーグ1世と結婚

カペー家[編集]

  • ユーグ1世(1085年 - 1101年) - フランス王フィリップ1世の弟。兄に代わって第1回十字軍に参加した。
  • ラウル1世(1102年 - 1152年)
  • ユーグ2世(1152年 - 1160年)
  • ラウル2世(1160年 - 1167年)
  • エリザベート(1167年 - 1183年) - フランドル伯フィリップ・ダルザスと結婚
  • アリエノール(1183年 - 1213年)

フィリップ2世はヴェルマンドワをフランス王領に吸収した。

ブルボン家[編集]

関連項目[編集]