聖アグネス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サンタニェーゼ・フオリ・レ・ムーラ聖堂のモザイク

聖アグネスラテン語:Sancta Agnes, 291年 - 304年1月21日)は、カトリック教会聖公会ルーテル教会正教会非カルケドン派聖女で、13歳で殉教したと伝えられる。ローマの聖アグネス聖イネス聖女アグネスとしても知られている。日本正教会では聖致命女アグニヤと呼ばれる[1]イタリア語名に基づけば聖アニェーゼ。ローマの教会名の「サンタニェーゼ」(Sant'Agnese)は、「サンタ・アニェーゼ」の発音が融合(エリジオン)したものである。

概要[編集]

聖アグネスは、カトリックのミサで記念される女性の中で聖母マリアを除いた7人の中の1人である。西方教会において、彼女は純潔庭師少女夫婦強姦被害者の守護聖人である。西方教会での記念日は1月21日であるが、カトリック教会においては第二バチカン公会議後の教会歴改正が行われるまでは1月28日も記念日であった。

聖公会の主教座聖堂(日本では京都市聖アグネス教会)を始めとする世界中の何百もの教会が、彼女を記念してその名を冠せられている。また、彼女の名前はラテン語子羊を意味するagnus(アグヌス、アニュス)と似ていることからしばしば子羊と一緒に描かれるが、実際はギリシャ語の形容詞で“処女の、純潔な、神聖な”という意味のhagnē (ἁγνή) に由来しているとされている。ガンダースハイムのロスヴィータ10世紀ごろ聖アグネスの詩を書いている。

また、聖アグネスの祝日には興味深い習慣がある。それは、2匹の子羊をローマにあるトラピスト修道団トレ・フォンターネ修道院からローマ教皇に送り、その後聖金曜日にその子羊の毛を刈り取り、そこから得たウールで新たに聖別された大司教に教皇が与えるパリウムが編まれる、というものである。

生涯[編集]

ホセ・デ・リベーラ筆「聖女アグネス」。ローマ長官の横暴に屈しなかったので報復のため全裸にされた時、彼女の髪の毛が伸びて全身を覆ったという伝説を描いたもの。左上から天使が彼女の裸体に布を巻いている。

伝説によると、聖アグネスは291年にローマの上流階級でキリスト教徒の一家に生まれ、13歳になった304年1月21日ローマ帝国皇帝ディオクレティアヌスの統治下で殉教した。

長官センプロニウスは、アグネスが自分の息子と結婚することを望んだが、アグネスがそれを拒否すると、センプロニウスはアグネスに死刑を宣告した。しかし、ローマ法では処女への刑の執行が許可できなかったため、長官はアグネスをあらかじめ強姦しておくように命じた。しかし、彼女の純潔は奇跡的に守られたとされている。その後、アグネスを火刑に処すため連行し、火刑柱に縛り付けたが、薪の束が燃えなかったため、部隊を指揮する士官が剣を抜き、アグネスの頭を打ち落とした。

アグネスの死から数日の後、彼女の墓で祈っていたエメレンティアナ(w:Emerentiana)という少女が、自分はアグネスの乳母の娘であると主張した。エメレンティアナは墓から去ろうとしなかったため、それを非難した非キリスト教徒に石で打たれ殺害された。このエメレンティアナも後に列聖されている。

ローマでは2箇所で彼女の聖遺物が崇敬されている。アグネスの躯体骨はローマのサンタニェーゼ・フオリ・レ・ムーラ聖堂(「壁の外の聖アグネス記念堂」it:Complessomonumentale di Sant'Agnesefuori le mura)で、頭蓋骨はアグネスの墓があるカタコンベの上、ナヴォーナ広場に建てられた聖アグネス聖堂(it:Sant'Agnese in Agone)でそれぞれ保存されている。

大衆文化での聖アグネス[編集]

  • 聖アグネスは若い少女たちの守護聖人であるが、セント・アグネス・イブ(1月20日 - 21日)に夕食を抜いて眠ると、夢で未来の夫を見るという民間伝承がある。この迷信はジョン・キーツの詩『The Eve of Saint Agnes』で不朽のものになった。
  • 1854年枢機卿ニコラス・ワイズマンが著した歴史小説 Fabiola or the Church of the Catacombs(『ファビオラあるいはカタコンベの教会』)のなかでは、アグネスは主人公の10代のいとこで親友の、言葉使いの穏やかな気高く美しい女性として描かれている。

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 日本ハリストス正教会『正教会暦』2008年版

外部リンク[編集]