厳律シトー会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
函館市、トラピスチヌ修道院

厳律シトー会(げんりつシトーかい、ラテン語: Ordo Cisterciensis Strictioris Observantiae、略称: O.C.S.O.)は、ヌルシアのベネディクトゥスの作った会則を遵守するカトリック観想修道会司教の行政干渉を受けない免属修道会の特権を受けている。トラピスト会(Trappists)とも言う。

トラピスト修道院の名で知られる函館郊外、北斗市渡島当別の男子修道院「灯台の聖母トラピスト大修道院」と、函館市湯の川温泉近くにある女子修道院の「天使の聖母トラピスチヌ修道院」、通称トラピスチヌ修道院は、いずれも本会の修道院である。

歴史的経緯[編集]

シトー修道会ベネディクト会を母体とし、1098年フランスブルゴーニュ地方のシトー(現在のサン=ニコラ=レ=シトー)に、モレームのロベールによって創立されたシトー修道院フランス語版がルーツである。12世紀に活躍したクレルヴォーのベルナルドゥスによって大きく発展し、12-13世紀には全ヨーロッパに約1800の修道院を持つ大修道会となった。その後、修道規律の改革が起きたとき、フランスノルマンディー地方のトラップ修道院フランス語版の厳しい規律に従うシトー修道会のグループを厳律シトー修道会、修道院の場所の名を取ってトラピスト(女子はトラピスチヌ)と呼ばれるようになった。

修道院の制度としては大修道院(母修道院)の元に、いくつかの修道院(子修道院)が併設されており、大修道院長はその権能を示すため、大修道院内においては、ミサ中に司教冠(ミトラ)と、司教杖(バクルス)を使用することが許されている。また同じような理由により、司教帽(カロッタ)を被る事もある。また、第2バチカン公会議以前には、大修道院長の権能において下級聖職者の任命を行っていた。なお、本会では管区制を採っていない。

大修道院院長の就任式には、司教以上の位階にある聖職者が主司式者となり、司教叙階式ならびに司教着座式に準じて執り行われる。理由は大修道院長は助祭以上の位階を授ける権能を有していないためである。

日本国内では、灯台の聖母トラピスト大修道院を母院として、男子修道院が当別の他に大分県日出町に、女子修道院が函館の他栃木県那須町兵庫県西宮市佐賀県伊万里市大分県宇佐市にある。また、大韓民国慶尚南道昌原市にも女子の子院がある。会員は各修道院の禁域のなかで、「祈り、働け」をモットーにして祈りと労働の日々を送っている。

これらの修道院が労働によって製造するものは、時に高い評価を得ることがある。ベルギーなどの一部修道院ではビール生産に関与しており、トラピストビールとして知られる。日本においてはトラピスト修道院トラピスチヌ修道院で作られたバタークッキーは有名で、北海道土産としても好評を博している。

厳律シトー会出身の人物[編集]

関連項目[編集]

出典・外部リンク[編集]