アナニヤ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アナニヤ

  1. サッピラの夫。エルサレム教会の一員である。
  2. ネデバエウスの子、大祭司アナニヤ。熱心党に暗殺される。
  3. ダマスコに住むイエスの弟子。本項で詳述する

アナニヤ:Hananias)とは新約聖書使徒言行録)の登場人物である。「アナニヤ」とは「主は恵み深い[1]」という意味である。彼はダマスコ在住で、イエスの弟子であった。

パウロが回心したときに、彼を訪ね、視力を回復させたことで有名である。パウロによると「律法を重んじる敬虔な人で、そこに住むユダヤ人全体の間で評判の良い…人」であったようだ[2]

出典・脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「主は恵み」という意味の「アナヌヤ」のギリシャ語形がアナニヤである
  2. ^ 使22:12

関連項目[編集]


執筆の途中です この項目「アナニヤ」は、キリスト教に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますP:キリスト教/PJ:キリスト教)。