ルーカス・クラナッハ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルーカス・クラナッハ(父)
Lucas Cranach der Ältere
77歳の時の自画像
生誕 Lucas Maler
1472年10月4日
ドイツの旗 ドイツ クラナッハ
死没 1553年10月16日(満81歳没)
ドイツの旗 ドイツ ワイマール
国籍 ドイツの旗 ドイツ
著名な実績 絵画
運動・動向 ドイツルネッサンス

ルーカス・クラナッハLucas Cranach der Ältere1472年10月4日 クローナハ、オーバーフランケン - 1553年10月16日ヴァイマル)は、ルネサンス期のドイツ画家同名の息子も画家であるため、ルーカス・クラナッハ (父) と表記されることが多い。クラナハクラーナハとも表記される。

出生[編集]

彼が芸術家として最初に製作した絵画は1504年のものである。

1508年以前に、彼はアルブレヒト・デューラーハンス・ブルクマイアーらと競いながら、ヴィッテンベルクにあるCastle Churchの数多くの祭壇画を描いていた。

ヴィッテンベルクに工房を構え、当地の領主ザクセン選帝侯フリードリヒ3世に御用絵師として仕えた[1]。主に宗教画で多数の作品を残したほか、同時代人の宗教改革者マルティン・ルターの友人であったため、彼とその家族の肖像画を多く残している。クラナッハの描く、腰の細くくびれた独特なプロポーションのヴィーナス像は、ティツィアーノジョルジョーネのヴィーナスとはまた異なった、独特の官能美をかもし出している。

代表作[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ The Metropolitan Museum of Art Guide (日本語)メトロポリタン美術館