シモン・マグス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
聖霊を授けられる力を買おうとするシモン・マグス(右側黒服の人物)

シモン・マグス(Simon Magus)は、聖書に登場する人物でグノーシス主義の開祖ともいわれる。別名は魔術師シモンサマリア人

人物[編集]

新約聖書の『使徒行伝』第8章によると、シモンはサマリヤの魔術師として多くの信者がいたが、使徒フィリポによって洗礼をうけキリスト教に入信。ペテロヨハネが宣教に訪れたときに、彼らの聖霊を授ける力を見てその力が欲しくなり、金で売って欲しいと持ちかけ叱責を受けた。それ以後、聖職売買のことをシモンの行為にちなんでシモニア: Simony: Simonia)と呼ぶようになった。

新約聖書外伝の『ペテロ行伝』によると、自らの魔術によって空中を浮揚しペテロに対し挑んだが、ペテロが神に祈りを捧げると忽ち墜落し落命したとされる[1]

脚注[編集]

  1. ^ アーサー・コッテル『世界神話辞典』、柏書房、1993年、39-40頁より引用

関連項目[編集]

執筆の途中です この項目「シモン・マグス」は、キリスト教に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますP:キリスト教/PJ:キリスト教)。