ルデヤ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ルデヤ(英語:Lydia)は、新約聖書に登場する、小アジアリュディア地方のテアテラ市出身の女性である。「リュディアの女性」という意味である。

ルデヤはユダヤ教の改宗者で、紫布の行商でピリピに滞在していた時に、安息日の祈り場で、パウロの説教を聞いてクリスチャンになった。パウロとシラスルカを自分の家に招きもてなし、ピリピ教会の形成の中心的な働きをすることになった。

参考文献[編集]