カイアファ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カイアファの前に立つキリスト /Mattias Stom筆
カイアファとイエス /デューラー筆

カイアファまたはカヤパヘブライ語 קַיָּפָא Kayafaギリシャ語 Καϊάφας Kaiaphas)はイエス時代のユダヤ大祭司(在位 18年 - 36年)。大祭司カイアファ

現在では単にカイアファと呼ばれるが、正確にはカイアファの子ヨセフיוסף בַּר קַיָּפָא Yosef Bar Kayafa イェホーセーフ・バル・カイヤーファー)で、カイアファはの名である。

サドカイ派新約聖書にも処刑前のイエスを引見する場面で登場する。

カイアファは大祭司であったアンナスの婿で、ローマ総督の任命によって大祭司となった。これは当時のユダヤではハスモン朝以来の伝統で大祭司が王と同じように政治的な影響力をもっていたためである。『マタイによる福音書』26:57では最高法院(サンヘドリン)によるイエスの裁判は大祭司カイアファの屋敷の庭で行われている。そのときの総督はピラトであった。

ヨハネによる福音書』ではイエスを捕らえた人々は、カイアファより先に舅のアンナスのもとへイエスを連れて行く。(ヨハネ18:13)このことからアンナスが元大祭司として依然影響力を持っていたと見ることもできる。

祭司長たちはベタニアのラザロも殺そうと相談した。(ヨハネ12:10)したがって、いくつかの注解書は、金持ちとラザロたとえ話がカイアファについてのパロディであると主張している。[1] この解釈の根拠は フラウィウス・ヨセフスが記載されているアンナスの5人の息子の偶然である。[2]

参考文献[編集]

  1. ^ 例えば、英国の作家ハリー・ウィテカー Whittaker,H.A. Studies in the Gospels, Biblia, 1996
  2. ^ フラウィウス・ヨセフス『ユダヤ古代誌』『ユダヤ戦記』

関連項目[編集]

執筆の途中です この項目「カイアファ」は、キリスト教に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますP:キリスト教/PJ:キリスト教)。