アグリッパ1世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アグリッパ1世

アグリッパ1世(Agrippa I、紀元前10年? - 44年)は、ローマ帝国に公認された古代ユダヤの統治者(在位:37年 - 44年)。ヘロデ・アグリッパ1世とも。本名はマルクス・ユリウス・アグリッパ新約聖書の『使徒行伝使徒言行録)』で「ヘロデ王」として言及されるのは彼のことである(実際には彼は王位を受けたことはなかった)。

彼はヘロデ大王の孫にあたり、父はハスモン朝の血をひいていたために殺害されたアリストブロスであった。

アグリッパはローマに滞在中にカリグラ帝の知遇を得た。カリグラ帝によって37年に伯父のフィリポスが治めていたトランスヨルダンの統治を任される。さらに39年には追放されたヘロデ・アンティパスの後をうけてガリラヤの統治権を得た。 そして41年にはユダヤ・サマリアイドマヤの支配を任されることになり、祖父ヘロデ大王が治めたのと同じ版図を統治することになった。アグリッパ1世はファリサイ派に迎合して当時はまだユダヤ教の一分派であった初期キリスト教のグループを迫害。ゼベダイの子ヤコブを捕らえて殺害し、ペトロを投獄している。

その死後、ローマはユダヤを総督の管轄下においたため、その地位が息子のアグリッパ2世に継承されることはなかった。

関連項目[編集]