ルサニヤ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ルサニヤ(英語Lysanias)は、新約聖書に登場する人物であり、AD25-30年頃アビレネの小領地を管理した国主である。同じ時期にバプテスマのヨハネも活動を開始した。

また、カルキスプトレマイオスの息子として王位につき、マルクス・アントニウスに殺害された同名の人物は、祖父か父であったと推測される。

参考文献[編集]