聖ロンギヌス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イエスの脇腹に槍を刺すロンギヌス(フラ・アンジェリコ画)

聖ロンギヌス(Longinus)は、ローマ帝国百卒長イエス・キリストゴルゴタの丘で磔になった際に、生死を確かめるために(処刑するためとも)その左脇腹に槍を突き刺したとされる。

福音書のいずれにも、この者の名前は記されておらず、外典の1つ『ピラト行伝』にその名前を見出すことができる。

彼は盲目(もしくは目が不自由、白内障とも)で、イエスの脇腹を槍で刺した際にイエスの血が眼に入り視力を取り戻した。このことから彼は改心、その後洗礼を受けたとされる。

かつて3月15日が記念日とされていたが、これは北欧神話の盲目神ヘズの記念日を引き継いでいたという説がある。

関連項目[編集]


執筆の途中です この項目「聖ロンギヌス」は、キリスト教に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますP:キリスト教/PJ:キリスト教)。