エパフロデト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エパフロデト(英語:Epaphroditus)は、新約聖書に登場する人物である。マケドニヤピリピ出身の古代のクリスチャンであり、「ハンサムな、魅力的な」という意味である。一時獄中のパウロに仕え、パウロのから「私の兄弟、動労者、戦友」と賞賛されている。

ピリピの教会から贈り物をもって、獄中のパウロを訪問して、そこでパウロに仕える。そこで、瀕死の重病に罹るが回復する。パウロは回復したエパフロデトにピリピ人への手紙を持たせて、ピリピに送り返した。

参考文献[編集]