シャトーヌフ=デュ=パプ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Châteauneuf-du-Pape
Blason ville fr Châteauneuf-du-Pape (Vaucluse).svg
Vue d'ensemble du vieux village Châteauneuf-du-Pape.JPG
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) プロヴァンス=アルプ=コート・ダジュール地域圏
(département) ヴォクリューズ県
(arrondissement) アヴィニョン郡
小郡 (canton) オランジュ西小郡
INSEEコード 84037
郵便番号 84230
市長任期 Jean-Pierre Boisson
2001年-2008年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté de communes des Pays de Rhône et Ouvèze
人口動態
人口 2116人
(2008)
人口密度 82人/km²
住民の呼称 Châteauneuvois, Châteauneuvoises, Castel-Papaux, Castel-Papales
地理
座標 北緯44度03分25秒 東経4度49分55秒 / 北緯44.0569444444度 東経4.83194444444度 / 44.0569444444; 4.83194444444座標: 北緯44度03分25秒 東経4度49分55秒 / 北緯44.0569444444度 東経4.83194444444度 / 44.0569444444; 4.83194444444
標高 平均:117 m
最低:20 m
最高:130 m
面積 25,85km² (2585ha)
Châteauneuf-du-Papeの位置(フランス内)
Châteauneuf-du-Pape
Châteauneuf-du-Pape
テンプレートを表示

シャトーヌフ・デュ・パプ(Châteauneuf-du-Pape)は、フランス南東部プロヴァンス=アルプ=コート・ダジュール地域圏ヴォクリューズ県コミューン

気候[編集]

地中海性気候で、年間100日以上のミストラルがある。

由来[編集]

1094年の寄進の文書にCastro Novoの名で初めて記された。現在の地名は、村の周辺で生産されるワイン人気と、コミューンで見つかったChâteauneuf-Calcernierの窯の名とを置き換えて、1893年から使用されている。

歴史[編集]

アヴィニョンローマ教皇が住むようになったのはヨハネス22世からである。シャトーヌフ=デュ=パプのブドウ畑が開発されるのは彼を介してであった。彼は、ローマ教皇の富を増やすため、アヴィニョンの銀行家とカオールのワイン醸造業者を連れてきた。醸造業者たちは、フィリップ4世テンプル騎士団を追放後に残された土地を開墾し、ブドウ畑の優れた基盤をつくった。ヨハネス22世はアヴィニョン教皇の第2の住居として、シャトーヌフに要塞を建設した。

ワイン[編集]

AOCシャトーヌフ・デュ・パプは、ローヌ地方南部のワインのなかでは最も歴史があり、かつ最も優れたワインといわれている、わずか(全体の約3%)に白ワインも作られているが、大半は赤である。

姉妹都市[編集]