ローヌワイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ローヌワイン (wine of Rhône region) は、フランス南部のローヌ川流域で生産されるワインで、広域AOCコート・デュ・ローヌ(Côtes du Rhône)地域に相当する。北は、イゼール県のヴィエンヌ市(フランス語ではVienneという地名がほかにもいくつかあり、ヴィエンヌ県というのがあるほか、オーストリーの首都ウィーン(Wien)もVienneと呼ばれる)の対岸にあるコート・ロティー地区から、ヴォクリューズ県の県庁所在地アヴィニョンの周辺まで広範囲に及び、ローヌ=アルプ地域圏ローヌ県ロワール県アルデシュ県ドローム県と、プロヴァンス=アルプ=コート・ダジュール地域圏ヴォクリューズ県ラングドック=ルシヨン地域圏ガール県まで、南北200km、南部で東西が100kmあまりに及んでいる。

現在では、ボルドーブルゴーニュの「両横綱」に比べると、やや影の薄い存在になり、新しくできてきたラングドック=ルシヨンやプロヴァンスのワインとまとめて「南仏ワイン」と呼ばれることも多くなったが、歴史は、フランスで最も古く、紀元前600年頃にはぶどうの栽培が始められていたとされている。

特徴[編集]

ローヌワインの産地(以下ローヌ地方と表記する)は、全体的に、冬はかなり寒くなるが、夏は非常に暑い大陸性気候で、ワインは、男性的で力強く、アルコール度数も高いものが多い。赤が多いが、白やロゼ、甘口の白ワインもあり、それらの中にも個性的なものがかなりある。

北部と南部[編集]

気候的にも土壌の面でも、北部と南部では違っている。

北部では、文字通りの大陸性気候で、土壌も花崗岩質の斜面が多く、赤ワインは、シラー種による、チョコレートやものが焦げたような香りの、濃い紫を帯びた赤の、いかにも甘い果実を凝縮したようなワインが作られている。白ワインは、ヴィオニエという品種で作られた、かなり強い香りのこくのある辛口が作られる。

一方、南部地区では、やや海洋性気候に近くなり、土壌は水はけのよい砂利の混じった土壌で、赤にはグルナッシュカリニャン、シラー、ムルヴェードルサンソーなど、白ではグルナッシュ・ブラン、ルーサンヌ、マルサンヌ、クレレットなどが作られていて、地区によってかなりの違いがある。

主なAOC[編集]

北部地区[編集]

南部地区[編集]

地域全体[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]