ロゼワイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロゼワイン

ロゼワイン(Vin rosé)は、ピンク色のワインのことである。ロゼはフランス語で「バラ色」の意味で、少しオレンジがかった濃いピンクを指す。ロゼワインには「玉ねぎの皮のような」と表現される明るい色から「洗い朱」、紫がかった濃いピンクなど、様々な色合いのものがある。ごく淡いピンクのワインは、英語でブラッシュ(blush)と呼ばれることもある。

製造法[編集]

マセレーション法
ロゼワインの最も一般的な製造法。黒ブドウや果皮色素の薄いブドウを原料として赤ワインと同様の手順で発酵を開始した後、果汁が適当に着色した時点で果皮などの固形物を除去し、果汁のみを低温発酵させる。セニエ法ともいう。ただしセニエ法といった場合上記の作り方以外にも、赤ワインを濃くするために行われるセニエ法の余剰分の再利用の場合もある。その場合、絞った黒ブドウ果汁の果皮とマストの比率を調節するためにマストの一部を取り除くのだが、その余畳分のマストを発酵させてロゼワインとするやりかた。
直接圧搾法
赤ワインの原料である黒ブドウを圧搾し、果汁のみを発酵させる方法。白ワインの原材料を黒ブドウに変えただけの製造法である。圧搾時に果皮の色素が浸出され、程よい色が付く。
混醸法
黒ブドウと白ブドウを混ぜて仕込む方法。製造工程は白ワインと同じである。「クラレット」と呼ばれていた昔のボルドーワインはこの方法で製造されていた。
シャンパーニュAOCの例外

EUの規定などによって、赤ワイン白ワインを混ぜてロゼとする事は一般に禁じられている。しかしながらシャンパーニュに限ってはこの方法が許可されており、ロゼのシャンパンが作られている。少数ながら非発泡のロゼワインも生産されている。

熟成・風味[編集]

一般に長期熟成は行われない。ロゼワインは新鮮なフルーツの香りが残るさっぱりした味わいのものが多い。味は辛口から甘口のものまであり、よく冷やして白ワインに近い温度で飲まれる。

世界のロゼワイン[編集]

フランス[編集]

ロゼワインは、フランスでは、夏の風物詩である。夏になると店頭に多く並ぶ。赤ワインや白ワインと比べ安価なものが多い。

フランスのロゼワインで有名なのは、コード・デュ・ローヌのタヴェル(Tavel)である。濃いオレンジがかったピンクの辛口で、ロゼワインの中ではこくがある方である。

ロワール地方のロゼ・ダンジュー(アンジュー・ロゼ)は、明るいピンクでほんのりと甘い。カベルネ・フラン種で作られる辛口のカベルネ・ダンジューもある。

AOCを持つ栽培地域で最もロゼの生産量が多いのはプロヴァンスである。コート・ダジュールと呼ばれるこの地方の海岸は、避暑地として有名であるが、プロヴァンスのロゼは価格も安くさっぱりした味わいのため、「ヴァカンスのワイン」と呼ぶ人もいる。バンドール(Bandol)、ベレ(Bellet)、パレット(Palette)などの村名のついた高級ロゼワインもあるが、生産量は非常に少ない。

ボルドーブルゴーニュでもロゼワインは作られており、それぞれボルドー・ロゼ、ブルゴーニュ・ロゼのAOCが存在する。また、それ以外の格付けで作られるロゼワインも存在する(マルサネのロゼ等)。

シャンパーニュにも生産量は少ないが、ロゼがある。シャンペンは祝儀に使われることが多く、いっそうそれに華やかな雰囲気を演出するため、ロゼの需要が多い。

ポルトガル[編集]

ポルトガルの「マテウス・ロゼ」(Mateus Rosé)は単一銘柄としては世界で最も売れているワインで、日本でも以前から「入門用」ワインとして知られている。淡いピンクで軽い甘口、平たい瓶に入ったワインである。ただし、ポルトガルでは、ロゼはすべて“Vinho de Mesa”という最下級のワインとされており、上級・高級品はすべて赤か白である。

アメリカ[編集]

アメリカでは、ロゼワインはブドウ品種の前に「ホワイト」をつけて呼ぶこともある(例:ホワイト・メルロー)。 アメリカのロゼワインで一般的なのは、ジンファンデルを使用した「ホワイト・ジンファンデル」である。

参考文献[編集]