カベルネ・ソーヴィニヨン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カベルネ・ソーヴィニヨン(ソヴィニョン)
カベルネ・ソーヴィニヨンの実
カベルネ・ソーヴィニヨンの実
別名 ブーシェ、プチ・ブーシェ
プチ・カベルネ
プチ・ヴィドゥル
ヴィドゥル
ソーヴィニヨン・ルージュ
主な産地 ボルドー
トスカーナ
ナパ・バレー
ソノマ
オーストラリア
主なワイン 格付けされたボルドーワイン
カリフォルニアカルトワイン
土壌 砂礫質
病害 未熟、うどんこ病スコパリア菌デッド・アーム
ワインの特徴
特徴 苦味、渋み、タンニン
低温気候 ベルペッパー、アスパラガスの香り
中温気候 ミント、ブラックペッパー、ユーカリ、鉛筆の芯の香り
高温気候 ジャムの香り
テンプレートを表示

カベルネ・ソーヴィニヨン(Cabernet Sauvignon 発音例1発音例2、カベルネ・ソヴィニョンとも)は、世界で最も名の知られているワイン用のブドウの品種の1つである。

概要[編集]

カベルネ・ソーヴィニヨンは、代表的な赤ワイン用ブドウ品種の1つである。もう1つの代表的品種であるピノ・ノワールと比べると温暖な気候を好む。収穫までに要する期間が長く収量も少ないものの、品質の良さのために世界中の多くの生産地で作付けされている。ヨーロッパブドウの品種の1つで、1990年代の遺伝学的研究によりソーヴィニョン・ブランカベルネ・フランとの自然交配によって誕生したことが明らかになった。

カベルネ・ソーヴィニヨンの実は皮が厚く、作られるワインはタンニンを豊富に含むため、長い熟成にも耐え得る。カベルネ・ソーヴィニヨンの最高級のワインは良年のヴィンテージの場合、10年から数十年間の熟成によって風味が熟成し、飲み頃に達する。ヴィンテージ(収穫年)の評価は気候によって大きく左右され、同じ銘柄でも収穫年によって評価や値段が大きく異なるのが常である。

カベルネ・ソーヴィニヨンのワインは香りが豊かで後味が深いが、口の中での味わいには欠けるところがあると言われる。このためボルドーワインではタンニンが少なくフレッシュな味わいのメルローカベルネ・フランとブレンドされることも多い。オーストラリアではシラーズともブレンドされる。チリアルゼンチンではカベルネ・ソーヴィニヨンのみの単一種のワインも製造される。カベルネ・ソーヴィニヨンのワインの香りはスミレブラックカラントスパイスなどと形容される。ニューワールドのものになるとチョコレートオークの香りが強くなると言われる。

フランス[編集]

フランスボルドーの赤ワインでは、カベルネ・ソーヴィニヨンは主要品種として用いられ、最高級のボルドーワインを生み出している。ボルドーの赤ワインではメルローカベルネ・フランプティ・ヴェルドが2割から5割程度ブレンドされることが多い。カベルネ・ソーヴィニヨンは隣のラングドック・ルションでも一部使用されている。

イタリア[編集]

イタリアでもカベルネ・ソーヴィニヨンの長い栽培の歴史があるが、イタリアワインでは伝統的にあまり利用されてこなかった。このため原産地呼称制度でもカベルネ・ソーヴィニヨンの使用は対象外とされてきた。だが1970年代頃からトスカーナの代表的な作り手が原産地呼称制度の範囲外になることを承知で積極的にカベルネ・ソーヴィニヨンを使い始めるようになった。こうして生み出されたのが「スーパー・タスカン」(スーペル・トスカーナ)と呼ばれる優れたワインである。例としてサッシカイアティニャネッロがある。

アメリカ合衆国[編集]

アメリカ合衆国カリフォルニア州はボルドーに次ぐ世界的なカベルネ・ソーヴィニヨンの産地である。特にナパ・ヴァレーソノマ郡が産地として知られている。カリフォルニアでは1990年代にカベルネ・ソーヴィニヨンの作付面積が倍増したが、そのために価格の下落といった弊害も招いた。ボルドーと同様、メルローやカベルネ・フランとブレンドされ良質のワインが生産されている。

ニューワールド[編集]

ニューワールド(チリアルゼンチン南アフリカニュージーランドオーストラリアなど)のワインでも、カベルネ・ソーヴィニヨンは広く使用されている。ブドウの栽培に最適な気候と栽培技術の進歩によって、ニューワールド産のカベルネ・ソーヴィニヨンの良質なワインが手ごろな価格で手に入るようになってきている。

関連項目[編集]