ボルドーワインの格付け

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

1855年パリ万国博覧会の際、皇帝ナポレオン3世は、世界中から集まる訪問客に向けて、フランスボルドーワインの展示に格付けが必要だと考えた。 ワイン仲買人は、シャトー(ブドウ農園)の評判や市場価格に従って、ワインをランク付けした。 当時は市場価格がワインの品質に直結していたのである。 その結果が、1855年以来のボルドーワインの公式格付けとなった。

ワインはその重要度により第1級~第5級(グラン・クリュ)にランク付けされた。 リストに挙げられた赤ワインは、グラーブワインシャトー・オー・ブリオン以外はすべて、メドック地区の産出である。 白ワインは赤ワインよりも重要度はかなり劣り、ソーテルヌバルサックの甘いワイン(貴腐ワイン)のみ第1級と第2級に格付けされた。


格付けの変化[編集]

各部門内で、様々なシャトーがその品質順に格付けされたが、1855年以後、格付けが変更されたのはただ2回だけである。 1つは1856年にシャトー・カントメルルが第5級に追加されたこと、そしてさらに意義深いのは、フィリップ・ド・ロッチルドの数十年にわたる熱心なロビー活動の結果、1973年、シャトー・ムートン・ロートシルトが第2級から第1級に昇格したことである。 3つめは「変更」ではなく、サン・ジュリアンの第3級シャトー・ドゥビノンが、シャトー・マレスコ・サン・テグジュペリに吸収されて格付けから消えたことである[1]

批判[編集]

1885年の格付け以降実際には、いくつかのワイナリーのブドウ園が拡大・縮小・分割され、重要なテロワールにかかわるいくつかの区画も所有者が変わったが、シャトーの格付けは変更されなかった[2]

多くのワイン評論家は、1855年の格付けが時代遅れになって、それぞれの地所で作られているワインの品質について、的確な道案内となり得ないと主張している。 格付けの変更に向けて提案がいくつかなされ、1960年には改定も試みられたが、失敗に終わった[3]

1960年の改定審査員の一人だったアレクシス・リシーヌは、改定を実施するために30年以上運動を続け、その過程に自身で非公式な格付けを何度か発表した。 他の批評家もこれに倣い、1985年にはロバート・パーカーがボルドー100選を発表、1989年にはベルナールとアンリ・アンジャルベールが「ワインとワイナリーの歴史」を、クライブ・コーツデヴィッド・ペッパーコーンも同様のものを記した[4] [5]

最終的には彼らは成功せず、格下げされたシャトーへの説得力のある批判も価格に反映しなかった。1855年の制定を受けたグループの政治的圧力も理由の1つと考えられている[6]

1855年の格付けに含まれなかったAOCメドック産のより良質なワインは、1932年にクリュ・ブルジョワ級に格付けされた。 これは1932年以降定期的に改定され、2007年には停止されたものの[7]、2009年再導入された[8]

1855年の格付け[編集]

1855年 メドックの格付け[編集]

フランス語で「Les Grands Crus classés en 1855(1855年のグラン・クリュ級)」と呼ばれる。シャトー、コミューン(AOC)の順。

第1級(Premiers もしくは 1er Crus)[編集]

メドックではなくグラーブに位置する唯一のシャトー。赤ワインと同名・同産地の辛口白ワインの販売を唯一許可された。

第2級 (Seconds Crus ときに Deuxièmes Crus)[編集]

第3級 (Troisièmes Crus)[編集]

第4級 (Quatrièmes Crus)[編集]

第5級 (Cinquièmes Crus)[編集]

ソーテルヌとバルサック[編集]

バルサックのシャトーは、バルサックともソーテルヌとも自称するかもしれない。

特別1級 (Premier Cru Supérieur)[編集]

第1級 (Premiers Crus)[編集]

第2級 (Deuxièmes Crus)[編集]

参照[編集]

参考文献[編集]

  • Echikson, Tom. Noble rot. NY: Norton, 2004.
  • Taber, George M. Judgment of Paris: California vs. France and the historic 1976 Tasting that Revolutionized Wine. NY: Scribner, 2005.

脚注[編集]

  1. ^ Peppercorn, David (2003). Bordeaux. London: Mitchell Beazley. pp. 83. ISBN 1-84000-927-6. 
  2. ^ アレクシス・リシーヌのワインとブランデーエンサイクロペディア」より. ロンドン: Cassell & Company Ltd.. (1967年). pp. P144–148. 
  3. ^ 1855年の争い ニューヨーク・タイムズ・1989年8月20日
  4. ^ ワイン・トーク ニューヨーク・タイムズ(1988年2月17日)
  5. ^ ワイン・トーク ニューヨーク・タイムズ(1991年9月25日)
  6. ^ 1855年の議論の引用 ワイン・ニュース
  7. ^ クリュ・ブルジョワ級の格付け、公式に終了 デキャンター(2007年7月10日)
  8. ^ クリュ・ブルジョワの復活デキャンター(2008年2月26日)

外部リンク[編集]