クロスグリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クロスグリ
Schwarzejohannisbeere.jpg
クロスグリ
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 core eudicots
: ユキノシタ目 Saxifragales
: スグリ科 Grossulariaceae
: スグリ属 Ribes
: クロスグリ R. nigrum
学名
Ribes nigrum
L.
和名
クロスグリ
英名
Blackcurrant

クロスグリ(黒酸塊、別名クロフサスグリ、英名ブラックカラント (Blackcurrant)、学名 Ribes nigrum)は、小さな食用の果実をつける温帯性の落葉低木。カシス: Cassis)とも呼ばれる。果実は黒に近い濃紫色で、ビタミンCアントシアニンが豊富。他のスグリの仲間と同じく、スグリ科スグリ属に分類される。

生産[編集]

カシスの世界最大の産地はポーランドで、毎年10万トンから14万5千トンの収穫高があり、これは世界全体の収穫高の約半分を占める。ポーランドは同時に輸出高でも世界最大である[1]。またポーランドは品種改良も盛んで、頻繁に新品種を生み出している。[2]日本国内では青森県が主な産地となっている。

利用法[編集]

クロスグリの実はかすかな苦味をもち、ゼリージャムアイスクリームコーディアルリキュールなどに利用される。イギリスヨーロッパイギリス連邦諸国では、クロスグリの風味を加えたり、干した果実を加えたクッキーなどの菓子が多数存在する。しかし、同じブランドの製品でも北アメリカでは、この風味が取り除かれていることが多く、代わりに利用しやすいブドウ味が使用されている。

また、クロスグリを使った飲み物は様々なものが販売されているが、国によって呼び方が異なる。

アガサ・クリスティの創作したベルギー人の名探偵エルキュール・ポアロは、しばしばクロスグリのシロップを飲んでいる。

成分[編集]

  • 果実以外の植物の性質はフサスグリにとても似ているが、両者は明確に見分けることができる。クロスグリの葉や茎は、「ネコの尿」を思わせる強烈な臭いがする。葉芽からこの臭いのする精油が得られて香水などにアクセントとして使用されている。この臭いの本体は4-メトキシ-2-メチル-2-ブタンチオールという化合物である。
    4-メトキシ-2-メチル-2-ブタンチオールの構造式
  • クロスグリの種子油は、必須脂肪酸であるγ-リノレン酸 (GLA) を多量に含む。
  • マウスでの動物実験では、A型インフルエンザウイルスに対し抗インフルエンザウイルス作用が示唆される[3]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Stanislaw Pluta et al. (2008). “Evaluation of the suitability of Polish blackcurrant cultivars for commercial cultivation”. Journal of Fruit and Ornamental Plant Research 16: 153-166. http://www.insad.pl/files/journal_pdf/journal_2008/full15%202008.pdf. 
  2. ^ Breeding of Blackcurrant suitable for Processing and fresh market”. 2012年8月21日閲覧。
  3. ^ 野口茜、武田俊之・渡辺剛・ほか「カシスエキスの抗インフルエンザウイルス作用」、『信州大学農学部紀要』第44巻1-2、2008年3月、 1-8頁、 NAID 120000823053

外部リンク[編集]