スグリ属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スグリ属
Schwarzejohannisbeere.jpg
クロスグリ
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 core eudicots
: ユキノシタ目 Saxifragales
: スグリ科 Grossulariaceae
: スグリ属 Ribes
学名
Ribes L.
英名
Ribes
  • 本文参照

スグリ属(スグリぞく、学名:Ribes、和名漢字表記:酸塊属)はスグリ科の一つ。APG植物分類体系ではスグリ属だけをスグリ科として扱う。

特徴[編集]

落葉または常緑低木、まれに高木で、は互生し、掌状に浅・中裂する。のあるものが多い。は5まれに4数性で、多くは総状花序につくが、ときに束状、単生する場合もある。子房は下位で、果実は液果で小さい種子を多数含む。

150種ほどが主に北半球温帯から亜寒帯に分布するが、一部は南半球にも分布する。日本には9種が自生し、数種が栽培されている。

7亜属に分けられ、セイヨウスグリなどの属するスグリ亜属 Subgen. Grossularia を別属として分ける考えも一部にある。

利用[編集]

世界では、多くの種類が果物としてそのまま、またはジャムシロップなどに加工して利用される。アントシアンなどのポリフェノールが多いので健康食品の材料にも使用される。

[編集]

日本の種[編集]

その他の種[編集]

ギャラリー[編集]

参考文献[編集]