フサスグリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フサスグリ
Ribes rubrum 1.jpg
フサスグリ
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 core eudicots
: ユキノシタ目 Saxifragales
: スグリ科 Grossulariaceae
: スグリ属 Ribes
: フサスグリ R. rubrum
学名
Ribes rubrum
L.
和名
セイヨウスグリ
英名
Redcurrant

フサスグリ(房酸塊)はスグリ科の植物。ヨーロッパ原産。果実の色が赤色の系統をアカスグリ(赤すぐり、レッドカーラント)、白色の系統をシロスグリ(白すぐり)と呼ぶ。黒色のクロスグリ(カシス)は別種である。別名としてフランス語由来でグロゼイユ(Groseille)とも。

ヨーロッパではつやのある小液果ジャムゼリー果実酒などに加工するため、ごく普通に栽培する。赤色品種は酸味が強く、専ら加工用。白色品種は若干甘味があり、生食も可能。小さく可憐な実であるため、ケーキやパフェなどの飾りとしてもしばしば用いられる。

「目によい」「風邪によい」と言われることもあるが、確かなデータはない[1]

栽培[編集]

落葉性で成木の樹高は0.4-1.5m。挿し木で容易にふえる。自家受粉で結実。開花期は4-5月。収穫期は6-7月のうちの1-2週間。 耐寒性に優れる。

日本の主な産地[編集]

利用[編集]

  • ジャム、ゼリー、果実酒

脚注[編集]

関連項目[編集]

参考画像[編集]

外部リンク[編集]