コンコード (ブドウ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コンコード
拡大
マサチューセッツ州のコンコード

コンコードは、アメリカ原産のブドウの一種であるラブルスカ種(別名:fox grape)のブドウ品種のひとつである。生食のほか、果汁飲料醸造用として加工される。 一般的に強いfoxyのためにワインとしては好まれていないが、コーシャワイン(英語)として醸造される時もある。伝統的に、ほとんどのコンコードのワインは甘口で仕上げるが、果実の成熟が達成するのが適切な場合、辛口も可能である。

コンコードの果皮は、通常濃い青や紫色で、多くの場合、明るい色の "ブルーム"で覆われている。果皮が簡単に果実から剥けることからスリップスキン(slip-skin)品種である。 コンコードは大きな種子があり、非常に香りが濃厚である。コンコードは、特に生理障害(葉が黒くなる障害 Black leaf)になる傾向がある[1]

2011年の米国における生産量は、417,800トン生産された[2]。 主な生産地は、ニューヨーク州フィンガーレイクスエリー湖オンタリオ湖ミシガン州南西部、ワシントン州ヤキマ渓谷(英語)である[3]。 日本では、2010年の収穫量は2,347トンであり、ほぼすべてが長野県産である。生食用に2トン、醸造用に1,985トン、果汁飲料に27トン消費された[4]

利用[編集]

コンコードは、アメリカ、特にニューイングランドにおいて、ゼリーの原料のほか、生食用として消費されている[5]。コンコードのゼリーは、伝統的なピーナッツバターとゼリーのサンドイッチとして消費され、アメリカのスーパーマーケットの主要な食品である。コンコードはブドウ果汁としても消費され、また、独特の紫色はブドウ味のソフトドリンクとキャンディーの紫色の人工着色料としても消費されている。

歴史[編集]

コンコードはマサチューセッツ州コンコードにて、エフライム ウェールズ ブル(英語)によって1849年に開発された[6]ブルは、ラブルスカ種の野生種から種子を植え、22000本の実生の苗木を評価し選抜した。その原木は今でもブルが住んでいた家で現存している。

1853年、ブルは、この新しく開発した品種であるコンコードで、ボストン園芸協会展にて優勝し[6] 翌年の1854年に市場に発表された。1869年に、トーマス ブラムウェル ウェルチ博士(英語)は、低温殺菌のプロセスを経ることにより、コンコードの果汁飲料を初めて開発した[6]ウェルチは、それを彼の教会で発表し、教会の聖餐に利用した 。

引用文献[編集]

  1. ^ R. Irvine & W. Clore The Wine Project pg 31 Sketch Publications 1997 ISBN 0-9650834-9-7
  2. ^ Noncitrus Fruits and Nuts 2011 Summary”. United States Department of Agriculture. 2012年10月8日閲覧。
  3. ^ Concord grape”. National Grape Assocation. 2012年10月8日閲覧。
  4. ^ 平成22年産特産果樹生産動態等調査(農林水産省)
  5. ^ Why can't I find Concord grapes in the grocery store?”. Concord Grape Association. 2012年10月8日閲覧。
  6. ^ a b c The History of the Concord Grape”. Concord Grape Association. Concord Grape Association. 2012年12月30日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]