ソーテルヌ (ワイン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ソーテルヌ・ワイン

ソーテルヌSauternes)は、フランスAOCワインの1つで、ガロンヌ川左岸のコミューンであるソーテルヌとその北に続くボンム、フォルグ、ブレイニャック、バルザックの5つの村で生産される。セミョン種とソーヴィニョン・ブラン種のブドウで作られる貴腐ワインで、極甘口で蜂蜜のような香味を持ち、デザートワインとして味わわれている。有名な生産者としてはシャトー・ディケム(Château d'Yquem)が挙げられる。 ドイツトロッケンベーレンアウスレーゼハンガリートカイと並び、世界三大甘口ワインの一つとされている。

ソーテルヌも1855年に、メドックと同様に格付けが行われ、特別1級Grand premier cruにシャトー・ディケムが、1級Premier cruにシャトー・ラ・トゥール・ブランシュなど11の生産者が、第2級Deuxième cruにシャトー・ド・ミラなど13の生産者が選ばれている。

なお、この5村のうちでいちばん北にあるバルザックBarsac村(面積1448ha, 人口1948人)は、独自のAOCバルザックを持っており、格付けワインはACバルザックかACソーテルヌのどちらを名乗ってもよく、双方が市場に出荷されている。

バルザックは、日本語の表記では小説家バルザック(Balzac)と同じになってしまうが、綴り字も発音も違い全く関係はない。

関連項目[編集]