デンマークワイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デンマークの南に隣接しているのはドイツ。海峡を挟んで北にノルウェー(地図左)とスウェーデン(地図右)。

デンマークワインは、デンマーク産のワインである。

概要[編集]

デンマークは北部にあるにも拘らず、地球温暖化と1999年のワイン生産合法化の効果により21世紀以降ワイン産業を発展させている。現在はユトランド半島ロラン島に小規模の葡萄園があり、様々なブドウ品種を栽培している。主要品種はカベルネ・コーティスCabernet Cortis)種である。国内20カ所の葡萄園で合わせてボトル約40,000本のワインを生産している(2006年)。[1]

2005年、デンマークはEUからワイン国の認定を受けた[2]

2006年、デンマークワインはデンマーク国内消費が主であるが、フランスなどに輸出もし、デンマーク・ワイン生産者協会は、5年間で生産量が4倍になるという見通しを立てていた[2]。この頃のデンマークでは、霜の降りる日が減り、夏は日照時間が長く、ブドウ栽培に適応する気象条件になっている[2]

2007年、デンマークワインは傑出した結果を獲得し、同年、Skæresøgård Vin社が出品した2006年のあるドンズ・キュヴェ発泡ワインが2007年エフェルヴェサン・デュ・モンド・ワイン競技会英語版で銀メダルを受賞している[3]

脚注[編集]

  1. ^ Danish-wine”. Skæresøgård Vin (2008年10月22日). 2010年5月17日閲覧。[リンク切れ]
  2. ^ a b c デンマーク・ニュース2006 デンマーク・モビール 2006年6月17日
  3. ^ Danish Wine's Time”. Ministry of Foreign Affairs in Denmark (2007年12月4日). 2010年5月17日閲覧。[リンク切れ]

外部リンク[編集]