発泡ワイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Glass of champagne.jpg
発泡ワイン
発泡ワインのコルク

発泡ワイン(はっぽうワイン)またはスパークリング・ワインSparkling wine)とは、ワインの一種で、二酸化炭素を多く含み、開栓すると圧力が下がって二酸化炭素が気泡として立ち上ってくるもの。通常のワインにも炭酸ガスは含まれるが、溶け込んでいる量が少ないため開栓しても発泡しない。発泡ワインには、瓶内発酵のために二酸化炭素が溶け込んでいるものと、人工的に二酸化炭素を吹き込んだ、いわゆる炭酸ワインとが存在する。

日本では発泡ワインに対してシャンパンの語が使われることもあるが[1]、本来はAOCの規定に従った、フランスシャンパーニュ地方産の発泡ワインにのみ許された呼称である。シャンパーニュ地方以外で製造される、シャンパンと同様の製法を用いたワインをフランスではクレマン(Crémant)と呼ぶ。それぞれ呼称が異なるが、シャンパン、クレマンともに発泡ワイン(フランス語ではヴァン・エフェルヴェサン Vin effervescent、ヴァン・ムスー Vin Mousseux、英語ではスパークリング・ワイン sparkling wine)の一種である。普通の(発泡性でない)ワインも開栓せずに放置した場合などに発泡することがあるが、これは発泡ワインには含まず、品質の劣化として忌み嫌われる。

なお、スパークリングワインに対してふつうの非発泡性ワインはスティルワイン(Still wine)と呼ばれる[2]。二酸化炭素が多く溶け込んでいる分瓶内の圧力も高くなるため、スパークリングワインの瓶はスティルワインの瓶よりも頑丈にできている。

ワイン(wine)とは、元々果実酒を意味するが、内部に炭酸発泡しているブドウ以外の果実を使用したものに関して日本国内では、シードル(フランス語ではcidre、英語では: cider)と表記されている場合がある。

製法[編集]

製造方式には、シャンパン方式もしくはトラディッショネル方式(両方とも同じ、瓶内二次発酵)、シャルマ方式(タンク内二次発酵)、トランスファ方式、炭酸ガス注入方式がある。

ワインは発酵の段階で炭酸ガスを放出するが、シャンパン方式では、これを発酵が終わりきらないうちに瓶詰めする。すると瓶の中で発酵が続き、発生した炭酸ガスはワインの中に溶け込んで発泡する。ただし、炭酸ガスの発生をより活発にするため、瓶詰め時に砂糖などの糖類を加えることもある。

瓶の栓はほとんどがマッシュルーム型に成形したコルクが使用される。ビールのような王冠や、スクリューキャップを栓に使用したものも存在する。

主な発泡ワイン[編集]

フランス[編集]

シャンパン
シャンペンとも。シャンパンの項参照。フランスシャンパーニュ地方原産。総じて泡が非常に細かいのが第一の特徴。
クレマン (Crémant)
シャンパーニュ以外の地域で、シャンパンと同様の製法で造られた発泡ワイン。芳香の強い白ワインの産地であるアルザス地方の発泡ワイン、クレマン・ダルザス (Crémant d'Alsace)等が有名。「Crémant de」の後に産地名が続く(ロワール、ブルゴーニュ等)。
ムスー(Mousseux)
「ムスー」とは、「泡」の意味。AOCに指定されているものから、テーブルワインまで各種ある。上記のCrémentはトラディッショネル方式で作られるが、ムスーは様々な方式で作られている。
ペティヤン (Pétillant)
フランス語で「ぱちぱちはねる」の意味で、弱発泡性のワインのこと。いくつかのAOCがある。

スペイン[編集]

カバ(Cava)
スペイン産の発泡ワイン。カバ (ワイン)の項参照。シャンパーニュ地方産ではないのでシャンパンとは呼ばないが、同等のトラディッショネル製法を用いた発泡ワインである。シャンパンと同じくらい古い歴史を持つ。

イタリア[編集]

イタリアの弱発砲ワイン、ランブルスコのロザート(ロゼ)
スプマンテ(Spumante)
イタリア語で「発泡性の」という意味の言葉で、イタリアでは(「微発泡」「半発泡」以外の)各国の発泡ワインを指す。日本では“イタリアの発泡ワイン”を特にこう呼ぶ。代表的なものにはアスティ(地名。葡萄品種はモスカート・ビアンコ)、フランチャコルタロンバルディア州ブレシア県の一地域の古い地名。葡萄品種はシャルドネピノ・ビアンコピノ・ネーロ。歴史は比較的浅いがシャンパンと同様の瓶内二次発酵の製法で知られる。白葡萄品種のみで作られるサテンもある)、プロセッコ(葡萄品種名。産地はヴェネト州コネリアーノヴァルドッビアーデネなど)などがある。
フリッザンテ(frizzante)
イタリアで「微発泡」「半発泡」のものをフリッザンテと呼ぶ。モスカート・ダスティ(葡萄品種名+地名)などがある。
ランブルスコ(Lambrusco)
ランブルスコは、天然弱発泡性で赤、白、ロザートロゼ)が存在し、甘口から辛口まで様々なタイプが造られている。ランブルスコは一群の葡萄品種=サラミーノ種、マラーニ種、マエストリ種、グラスパロッサ種、モンテリッコ種など=の総称であり、それらの葡萄から作られたワインも指す。産地はエミリア=ロマーニャ州モデナ県レッジョ・ネッレミリア周辺のレッジャーノ地方、マントヴァ周辺のマントヴァーノ地方。

ドイツ[編集]

ゼクト (Sekt)
シャンパンと同じ製法で造られた、ドイツの発泡ワイン。

オーストラリア[編集]

スパークリング・シラーズ
オーストラリアの発泡赤ワイン。フルボディで甘みの残るものが多い。シラーズ以外の品種も用いられる。

スロヴェニア[編集]

ペニーナ (Penina)
スロヴェニア(slovenija)の発泡ワイン。

日本[編集]

日本では1985年北海道池田町が初めて発泡ワインの生産に着手しており、1990年代以降国内中小ワイナリーで発泡ワインが少量ながら生産されている[3]。また2007年よりメルシャンが「日本のあわ」シリーズと題して、同社の勝沼ワイナリーにて「勝沼のあわ」「穂坂のあわ」の2品種を生産・発売しているほか、2009年からは岩手県葛巻町の「くずまきワイン」も発泡ワインの生産を開始した。2002年には北海道小樽市北海道ワインが炭酸ガスを注入して造る発泡ワインを商品化し、中でも「おたるナイヤガラスパークリング」は2012年現在年間5万本を売り上げる人気商品となっている[3]

脚注[編集]

  1. ^ 「シャンパン」『ブリタニカ国際大百科事典』 Britannica Japan Co.,Ltd、2008年、小項目電子辞書版。
  2. ^ 『これは役立つ!違いのわかる事典』 p.376 PHP研究所 1997年
  3. ^ a b トレンドは“にごり系”! 「日本産スパークリングワイン」人気 日経トレンディネット 2012年10月23日

関連項目[編集]