シャルドネ (ブドウ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シャルドネ種のブドウ
シャルドネ種から作られた白ワイン
ブルゴーニュのシャルドネ種の畑

シャルドネ: Chardonnay)とはブドウの一品種。果皮が緑色で、白ワイン原料となる。種付きブドウ。 シャルドネの名は、フランスブルゴーニュのマコネにある村、シャルドネから取ったものと考えられる。 マコネでは現在プイィ・フュイッセが生産されており、変異種がそこで最初に生まれた可能性がある。 カリフォルニア大学デービス校DNA型鑑定結果によればシャルドネ種は、ピノ種とグアイス・ブラン(Gouais Blanc)種との交配種として生まれたと考えられる。 グアイス・ブラン種とは、クロアチア原産と思われる絶滅種である。 シャルドネ種はまた、オーバイン(Aubaine)、ビーノス(Beaunois)、ムロン・ブラン(Melon Blanc)、また歴史的にはピノ・シャルドネ(Pinot Chardonnay)といった名前で知られている。

シャルドネ種の魅力のひとつには、醸造家にとっても愛好家にとっても、その汎用性が挙げられる。 米国ではよく、酸味を和らげるために充分に醗酵(malolactic fermentation)させ、オーク材の樽を使う。オークを使わなければ、シャルドネ種はふつう柔らかなワインに仕上がり、フルーティな香りがする。オーク樽を使うと、年月を経るうちに、スモーク、バニラ、キャラメル、バターの香りをかもし出すようになる。 フランス産にしろアメリカ産にしろ、オークの使用により、樽が焼き付けられた程度に合わせて最終的なフレーバーが決まる。 低予算のワインの場合オークは、ステンレススチールの容器に桟やチップの形で取り入れられる。そのほうがオーク材の樽より安上がりだからである。

シャルドネ種の本家は、シャブリ醸造地域よりはるかに涼しい気候で、オーク材の使用は伝統的に人気がなかった。malolactic fermentation もまた一般的ではなかった。 このためワインは酸味がはっきりした味に仕上がり、ミネラル分や純度がくっきりとする。 他のブルゴーニュ・ワインの産地ではフルボディの、オークとチーズのアロマに仕上がる。

シャルドネ種はまたシャンパーニュ地方でも重要な役割を果たす。シャンパーニュには100%シャルドネ種で作られた、「ブラン・ド・ブラン(白の中の白)」のラベルのシャンパンが存在する。シャンパンに似た発泡ワインにも、シャルドネ種は使用されている。

2001年シャルドネ種は、ブドウ品種の作付面積の大きさで第8位にランク付けられた。推定140,000ヘクタール、国は主にアメリカ、フランス、オーストラリア、イタリアである。その人気と平凡さから一部の愛好家には遠ざけられたが、 彼らはそれをABC(Anything But Chardonnay、シャルドネ以外はすべて)と表現した。 ワイン専門家のオズ・クラークの記録によれば、ワイン愛飲家の一部はシャルドネ種を、「無慈悲な植民者であり、世界のぶどう園と世界の味覚の破壊者」とみなしている[1]。 この人気から、英国のテレビシリーズ「サッカー選手の妻(Footballers' Wives)」の登場人物がシャルドネと名づけられた。

オーストラリアニュージーランドでは、シャルドネ種のワインは一般的な白ワインのひとつとなっている。 2005年現在、シャルドネ種はオーストラリアで最も広く栽培されているブドウの品種である。 オーストラリアは、ワインを造るためにシャルドネを混ぜる数少ない地域のひとつで、ここでは伝統的にセミヨン種と混ぜている。

脚注[編集]

  1. ^ オズ・クラーク Oz Clarke ブドウ百科 Websters International Publishers 2001, pg 191

関連項目[編集]

外部リンク[編集]