トレッビアーノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イタリアで栽培されるトレッビアーノ種のブドウ

トレッビアーノ(Trebbiano)は、イタリアフランスを中心に、世界各地で栽培されている白ワインぶどう品種である。とくに、コニャック抔のブランデーの生産に最も適したぶどう品種とされている。

酸味が強く、非常にフルーティーで、柑橘系などのさわやかな風味があるが、涼しい地方では、アルコール度数の少ない貧相なワインになる。それを逆手にとって作られたのが、コニャックなどのブランデーだと言われている。

起源[編集]

地中海東部または中東地方の原産で、ローマ帝国時代にイタリアに伝わり、フランスには14世紀頃伝わったとされている。

トレッビアーノによるワイン[編集]

イタリア[編集]

イタリアで最もポピュラーな白ぶどうだが、DOC, DOCGクラスでこれを中心にしたものは意外に少ない。アブルッツォ州のトレッビアーノ・ダブルッツォ、それにウンブリア州のビアンコ・ディ・トルジャーノのほかは、ほとんどブレンド用に用いられている。赤ワインのキャンティにも、酸味を補強するためにこれを混醸したものがある。

IGTクラスには、トレッビアーノを名乗るものがかなりある。

フランス[編集]

おもに南西部で作られ、ユニ・ブラン Ugni Blancと呼ばれているが、ブレンド用で、これを中心にして作られるものはない。コニャックでは、サンテミリオンといい、最も重要な品種になっている。

オーストラリア[編集]

1832年にオーストラリアに持ち込まれ、ニュー・サウス・ウェールズ州南オーストラリア州で作られ、主にブランデーに加工されている。