ライスワイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ライスワイン英語:Ricewine、ドイツ語:Reiswein)は、から作られた醸造酒(蒸留していない酒)。主として日本酒を指す。

日本[編集]

  • 日本酒 - 澱粉糖化し(並行複発酵)、甘みが感じられる。アルコール度数は16~20%。
  • みりん - 日本酒よりも発酵を抑えてあるため、糖度が高く、アルコール度数が低い。
  • 甘酒 - 夏季などに短期間に発酵させることで、甘味を残した酒。乳酸発酵による弱い酸味がある。
  • ミーリン酒(ミーリンチェ) - 沖縄石垣島の酒。蒸したもち米を広げて1週間ほど乾かし、麹が自然に付くのを待つ。その米と泡盛を甕に入れて、3ヶ月ほど発酵させる[1]

朝鮮半島[編集]

器に注がれたマッコリ
  • チョンジュ(清酒、청주Cheongju) - 朝鮮半島で作られる清酒。
    • 法酒 (법주Beopju) チョンジュの一種。琥珀色で粘りがある。アルコール度数18%[2]
  • マッコリ(濁酒) - 朝鮮半島のどぶろく(濁り酒)。アルコール度数は6~8%程度。甘酸っぱくコクがある[3]
  • シッケ(食醯、식혜Sikhye) - 朝鮮半島の飲料で米を発酵させて作るが、アルコール分はほとんどない。麦芽で発酵させる [4]
  • ガムジュ (甘酒、감주Gamju) - 朝鮮半島のどぶろく。甘味が強い。

中国[編集]

紹興酒
  • 稠酒 (Choujiu) - 中国西安近辺のどぶろく。もち米を原料とする。
  • 米酒(Mijiu) - 透明で甘味のある中国の米酒。(蒸留したものを指すこともある。)もち米から作る。中国南部では食後に供されることが多い。
  • 紅酒(アンチュウ) - 中国南部の酒。もち米、紅麹、米酒を2週間ほど発酵させ、濾過してから数ヶ月熟成させる。アルコール分21~23%、やや酸味を感じる。長期熟成したものが好まれる[5]。(※中国では赤ワインのことも紅酒という。)
  • 黄酒(ホアンチュウ) - 福州の酒。もち米を原料とするが、糯粟、小麦が使われることもある。日本酒よりも酸度が高い[6]

南・東南アジア[編集]

土器に入れられたルーカン。ベトナムタイ・グエンのエデ族は米酒を好んで作る。
サト酒のラベル
  • ブルム(Brem) - バリ島で作られる。甘味がある。蒸した米に麹を振りかけて、バナナの葉で包んで3日間発酵させる。3kgの米から2リットル取れる。絞った後、3ヶ月ほど熟成させることもあり、その場合、薄茶色となってアルコール度数も上がる[7]。バリ人は祭りのとき以外はあまり飲まない[8]
  • リヒン(Lihing) - インドネシアボルネオ島サバ州のカダザン族が造る、どぶろくの一種[9]
  • ルーカン (Rượu cần, Ruou can) - ベトナムの米酒。「Rượu」は酒、「cần」は瓶を意味する。カナ書きはズオウカン、ジウカーン、ルーカン、ジオカンなど。竹の筒を通して飲む。
  • ルーネップ (Rượu nếp, Ruou nep) - ベトナムの米酒。「nếp」はもち米を意味する。甘味のあるどぶろく。
  • サト (Sato) - サートゥとも書く。タイイーサーン地方を起源とする米酒。炊いたもち米(食事の残りを使うことも多い)を水でほぐし、軽くあぶった麹を粉にして混ぜ、1週間ほど発酵させる。布で絞って飲む。甘味が強く、アルコール度数は低い[10]
  • タパイ (Tapai) - マレーシアボルネオ島サバ州の米酒。ババンガゾ村などで作られている[11]
  • トォン - ネパールのどぶろく。2度蒸した米に麦麹を混ぜ、甕に入れてその上に赤トウガラシなどを入れ、葉っぱや藁で蓋をして1週間ほど発酵させる[12]
  • トゥア(Tuak) - マレーシアボルネオ島サラワク州のイバン族(en)が作るどぶろく。

注釈、出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 貝原 p.44
  2. ^ 韓国文化院 慶州法酒
  3. ^ 韓国文化院 マッコルリ
  4. ^ 韓国文化院 シッケ
  5. ^ 外池 p.28
  6. ^ 外池 p.156
  7. ^ 貝原 p.58
  8. ^ 日本アセアンセンター インドネシアグルメガイド
  9. ^ 女王のレストラン リヒン・アヤム
  10. ^ 貝原 p.52
  11. ^ 宗像 朗 マレーシア・サバ州ティナンゴール村における農村開発プロジェクトとその後の農村観光の展開について(PDF)
  12. ^ 貝原 p.57

参考文献[編集]

  • 貝原 浩 『図解文集 世界手作り酒宝典』、1998年、農山漁村文化協会、ISBN 4-540-98137-4
  • 外池良三 『世界の酒 日本の酒 ものしり事典』、2005年、東京堂出版、ISBN 4-490-10671-8