コルン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

コルン (Kornbrand) とは、主にドイツ西部で生産される蒸留酒シュナップス)の一種。

その名称(ドイツ語で穀物ブランデーの意)が示すとおり小麦ライ麦などの穀物類を原料とし、風味付けはされない。大麦、燕麦、そばを用いることも許可されているが、生産・流通しているのはほとんど小麦かライ麦のコルンである。

アルコール度数は最低32度。アルコール度数が37.5度以上になるとドッペルコルン(Doppelkorn)と呼ばれ、ドッペルは二重や二度の意味だが、製法そのものは通常のコルンと変わらない。

食後に食後酒(Digestif)として単独で飲まれるほか、ビールの合間に嗜んだり、ビール(ベルリナー・ヴァイセ)に添加されるなどして愛飲されている。

外部リンク[編集]