ビュゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ビュゼ: Buzet)は、ビュゼ=シュル=バイズを生産地とするワインである。

県内の27ヶ村、1800haの畑でぶどうが栽培されている。1973年にAOCに指定されている。

赤ワインと白ワイン、ごく少量のロゼワインが作られているが、赤が圧倒的に多い。許可されているぶどう品種は、赤がカベルネ・ソーヴィニョン、メルロー、カベルネ・フラン、マルベック、白はセミヨン、ソーヴィニョン・ブラン、ミュスカデルと、ボルドーと全く同じものである。

味わいはボルドーのものによく似ており、かなり評価の高いものもある。価格の安いものでも、同じ程度の価格のACボルドーよりは重厚で、コスト・パフォーマンスの高いものが多い。

ディアムボディーである。やや大味なものも多い。

関連項目[編集]