サン=テミリオン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Saint-Émilion
Blason ville fr Saint-Émilion (Gironde).svg
St-emilion 27-01-2008.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) アキテーヌ地域圏
(département) ジロンド県
(県庁所在地)
(arrondissement) リブルヌ郡
(郡庁所在地)
小郡 (canton) リブルヌ小郡
INSEEコード 33394
郵便番号 33330
市長任期 ジャック・グディノー
2001年-2008年
自治体間連合 (fr) サン=テミリオン地域
人口動態
人口 2 345人
1999年
人口密度 86人/km²
地理
座標 北緯44度32分01秒 東経0度05分30秒 / 北緯44.5337度 東経0.0917度 / 44.5337; 0.0917座標: 北緯44度32分01秒 東経0度05分30秒 / 北緯44.5337度 東経0.0917度 / 44.5337; 0.0917
標高 平均:23 m
最低:3 m
最高:107 m
面積 27,02km² (2 702ha)
Saint-Émilionの位置(フランス内)
Saint-Émilion
Saint-Émilion
テンプレートを表示

サン=テミリオン (Saint-Émilion) は、フランスの南西部に位置する町で、アキテーヌ地域圏ジロンド県に属する。ボルドーワインで有名なボルドー近郊のワイン産地のひとつで、歴史地区は周辺の7つのコミューンの景観とともに、「サン=テミリオン地域」の名でユネスコ世界遺産に登録されている。

地理[編集]

サン=テミリオンはボルドーの北東35kmに位置し、リブルヌカスティヨン=ラ=バタイユの間に位置している。平均の海抜は23メートル。

サン=テミリオンへ行くには、ボルドーから1日に数本出ている列車を使うか(所要時間1時間弱)、リブルヌからタクシーを使うなどの手段がある。

歴史[編集]

サン=テミリオンの歴史は先史時代にまで遡る。紀元2世紀になると、古代ローマ帝国によってこの地にブドウが植えられ、4世紀にはラテン詩人アウソニウスがその実を讃えた。

町の名は、8世紀にこの地の洞窟に隠遁した僧侶聖エミリオ (Saint Emilion) に因む。この地の土壌や地形はワインの醸造に適しており、エミリオに付き従った僧侶たちが、販売も視野に入れたワインの醸造を行うようになった。

13世紀に誕生した自治組織ジュラードは王から絶大な権限が与えられ、ワインの品質を守る重要な役割を担っていた。サンテミリオンのジュラードは、貨幣を作ることと死刑判決以外はあらゆる権限を認められていた。良いワインの樽にはジュラードの焼印が押され、彼らの厳しい審査によって、サンテミリオンの名に値しないと見做されると、ワインは町の広場で樽ごと焼き捨てされ、その作り手は棒で叩かれ、罰せられた。

このワインの味は、中世に盛んになったサンティアゴ・デ・コンポステーラへの巡礼の途上に立ち寄った旅人たちの間で評判となり、優れたワインのひとつとして知られるようになった。

観光[編集]

  • ロマネスク期の教会
  • モノリス(一枚岩)の教会 - 石灰質の岩盤を刳り貫いて作られた教会。
  • 王の塔 - アキテーヌ公でもあったイングランド王ヘンリー3世の命で1237年に建造されたロマネスク様式の塔。
モノリスの教会

外部リンク[編集]