キュロス1世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

キュロス1世Cyrus I, :Κύρος, ペルシャ語表記:کوروش‎ , 生没年不詳)は、アケメネス朝アンシャン王。後に大帝国を建国したキュロス2世の祖父にあたる。在位期間は紀元前640-600年頃または610-585年頃と見られている。

来歴[編集]

孫のキュロス2世が残した円筒印章キュロス・シリンダー英語版)によれば、キュロス1世はアンシャンの大王でテイスペスの息子とされている。同じ内容はヘロドトスの『歴史』やダレイオス1世のベヒストゥン碑文にも記されている。またペルセポリス出土粘土板やエラム語印章の「アンシャンのキュロス、テイスペスの息子」という銘文でも裏付けられている。

当時のペルシアは小国の一つであり、紀元前646年または639年に有名なアッシリアアッシュールバニパル王に長男アルックドイツ語版を人質として差し出している。アッシリア文書では「パルスマシュの王クラシュ」として言及されている。ただしクラシュをキュロス1世と見なすことには異論もある。パルス地方を支配していた兄弟のアリアラムナ1世英語版メディア王国により廃位されたため、メディアに従順だったキュロス1世はその勢力をアンシャンからパルサ地方にまで拡大した。


先代:
テイスペス
アンシャン
紀元前640年 - 紀元前580年
次代:
カンビュセス1世