ダレイオス1世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダレイオス1世
Dareios I
ペルシアの大王
Darius.jpg
在位 紀元前522年 - 紀元前486年
別号 エジプトのファラオ
出生 紀元前550年
死去 紀元前486年
配偶者 アトッサ英語版
子女 クセルクセス1世
王朝 アケメネス朝
父親 ヒュスタスペス英語版(ウィシュタースパ)
母親 Rhodogune
テンプレートを表示

ダレイオス1世古代ペルシア語: 𐎭𐎠𐎼𐎹𐎺𐎢𐏁 - Dārayavahuš - ダーラヤワウシュ, 英語: Dareios I, 紀元前558年頃 - 紀元前486年) はアケメネス朝ペルシア第3代の王(在位:紀元前522年 - 紀元前486年)。通称、ダレイオス大王。

名称[編集]

古代ペルシア語ではダーラヤワウDārayavau-:名詞幹のみの形)。 この名は「ワウ(よきもの)を保持する者」という意味である。 ギリシア語形のダレイオス古代ギリシア語: Δαρείος - ダーレイオス)またはラテン語ダリウス (Darius) でも知られる。聖書ヘブライ語アラム語では דָּרְיָוֶשׁ Dārĕyāweš。

略歴[編集]

出生[編集]

紀元前550年頃、バクトリアサトラップだったヒュスタスペス英語版の長子として生まれた。

王朝簒奪説[編集]

ダレイオス1世は内乱の後、推戴されて帝位についたとされるが、この事件は、ダレイオスによるキュロスの王朝の簒奪説が近年提起されている[1][2]

インド遠征[編集]

紀元前521年パンジャーブシンドを征服。紀元前520年、ペルセポリスの建設に着手。

紀元前518年ガンダーラを征服。

スキタイ征伐[編集]

スキタイ人征伐のため南ロシア平原に侵攻したが、スキタイの焦土作戦に苦しめられて撤退した。

ペルシア戦争[編集]

イオニア植民市の反乱を機として、ギリシアとの間で、約50年に及ぶペルシア戦争を開始させた。しかし、戦争の途中でダレイオスは死去し、戦いは息子のクセルクセス1世に引き継がれた。

政治・文化[編集]

国内統治[編集]

ダレイオスは、全土を約20の行政区(サトラピー)に分割し、それぞれに総督(サトラップ)を配置した。その上で各地を結ぶ交通網を整備し、総督の監視や情報伝達のために「王の目」「王の耳」と称される監察官を派遣した。このように中央集権体制を整備し、エーゲ海からインダス川におよぶ最大版図を統治したことから、アケメネス朝全盛期の王と評価される。彼の時代に新都ペルセポリスが造営されたが、政治的中心はスーサであり続けた。交通網の整備は、当時としては驚異的な速度で通信や移動を行うことを可能とし、とりわけスーサとサルデスを結ぶ「王の道」は有名である。中央集権的な統治体制を整備する一方で、帝国内の諸民族には寛容な政策をとり、交易で活躍するアラム人フェニキア人の活動を保護した。上質な金貨・銀貨を鋳造して帝国各地への流通を図ったが、その成果は限定的であったとされる。

ベヒストゥーン碑文[編集]

彼の事跡を記したものにはベヒストゥーン碑文がある。この碑文は古代ペルシア語エラム語アッカド語(後期バビロニア語)によって書かれているが、ベヒストゥーン碑文に記された古代ペルシア楔形文字英語版はペルシアで制定された表音文字であった。これはイギリス人のヘンリー・ローリンソンが解読に成功し、この解読を端緒として、楔形文字アッカド語楔形文字英語版シュメール文字英語版など)の解読への道が開けた。

脚注[編集]

  1. ^ www.herodotuswebsite.co.uk, "A Commentary on Darius"
  2. ^ カンビュセス2世の死を参照。

関連項目[編集]



先代:
スメルディス
アケメネス朝の帝王
紀元前522年 - 紀元前486年
次代:
クセルクセス1世
先代:
スメルディス
古代エジプト王
196代
紀元前521年 - 紀元前486年
次代:
クセルクセス1世