コスティエール・ド・ニーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

コスティエール・ド・ニーム(Costières de Nîmes)は、フランスのラングドック=ルシヨン地域圏ガール県のワイン産地(AOC)の名称である。

地理[編集]

ローヌ川の右岸(西側)の、ニーム市とその周辺の23の村で生産されている。

歴史[編集]

中心地のニームは、有名なガールの水道橋がある、歴史の古い町だが、ぶどうの栽培歴もフランスでは一番古く、紀元前数世紀に遡ると言われている。

しかし近代には、ボルドーやブルゴーニュなどのほかの産地がワイン文化を発展させたのに対し、この辺りは安価な日常用のワインを大量に生産する地域に甘んじ、ワイン法ができた当時も、AOCより格下のVDQSワインとしてしか認められなかった。AOCを獲得したのは、1986年である。

所属問題[編集]

この地域は、行政上のラングドック=ルシヨン地域圏であるが、ローヌ川にも面しており、古くからのローヌワインの産地である、タヴェルリラックなどと隣接している。ローヌワインといえば、ボルドーやブルゴーニュと並び、フランスワインの「御三家」の一つだが、ラングドックのワインといえば、最近評価は高まってきたものの、まだまだ安ワインのイメージが強い。

AOCに昇格した後も、ラングドックワインから3回移動が行われ、2005年以降はローヌワインのカテゴリーに入っている。そのため、ワイン関連の書籍では、今でもラングドックのワインとして分類してあるものもある。

ワイン[編集]

Costières de Nîmes red wine and bottle.jpg

赤、白、ロゼが作られており、赤とロゼはグルナッシュシラームルヴェードルを中心に、白はクレレット、グルナッシュ・ブランなど9つのぶどう品種が認められている。通常、二つ以上の品種を混醸して作られる。赤ワインの割合が多い。

赤ワインは、グルナッシュ特有の、スパイスのような香味のものが多いが、最近シラー腫をメインに使った、ヴァニラのような甘い香りと、ナッツあるいはパンなどをトーストしたような香ばしい風味の、いかにもローヌらしい雰囲気のワインも増えてきている。

生産量も多く、比較的安価なものが多い。

関連項目[編集]