ヨハン6世 (ナッサウ=ディレンブルク伯)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ナッサウ=ディレンブルク伯ヨハン6世

ヨハン6世(Johann VI, 1535年11月22日 - 1606年10月8日)はナッサウ=ディレンブルク伯。ナッサウ家の一族で、オラニエ=ナッサウ家の祖であるオラニエ公ウィレム1世の弟。ナッサウ=ディレンブルク伯ヴィルヘルム1世とその妻ユリアーナ・ツー・シュトルベルクの間の次男。オランダではヤン・デ・アウデ(Jan de Oude)と呼ばれ、オランダ王家の祖の1人と見なされている。

兄ウィレム1世がオラニエ公領を相続したため、ナッサウ家の強大化を嫌った神聖ローマ皇帝カール5世の意向により、父ヴィルヘルムのディレンブルク伯位と所領はヨハンが相続した。八十年戦争において兄や弟たちとともに活躍し、ユトレヒト同盟の成立に尽力、またヘルダーラント州総督1578年 - 1581年)も務めた。その後、兄とは一線を画して、ドイツ西部のナッサウ家の所領の経営と、兄と自身の大勢の子たちの養育に当たった。

家族[編集]

父や兄と同様に多くの子をもうけている。

1559年エリーザベト・フォン・ロイヒテンベルク1537年 - 1579年)と最初の結婚をし、11子をもうけた。

1580年クニグンデ・ヤコバ・フォン・ジンメルン1556年 - 1586年)と2度目の結婚をし、2女をもうけた。

1586年ヨハンネッタ・フォン・ザイン=ヴィトゲンシュタインと3度目の結婚をし、7子をもうけた。

フローニンゲン州フリースラント州の総督はヨハンの家系が世襲したが、エルンスト・カジミールの曾孫ヨハン・ウィレム・フリーゾはウィレム3世(イングランドウィリアム3世)で直系が断絶したオラニエ=ナッサウ家を相続した。