ユリアーナ・ツー・シュトルベルク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
2006年にシュトルベルク市街に置かれたユリアーナの彫像

ユリアーナ・ツー・シュトルベルクJuliana zu Stolberg, 1506年2月15日 シュトルベルク城 - 1580年6月18日 ディレンブルク)は、ドイツの封建領主シュトルベルク伯家の一員で、オラニエ公ウィレム1世(沈黙公)の母親。オラニエ=ナッサウ家の始祖の1人として知られる。

シュトルベルク伯ボートとその妻のアンナ・フォン・エプシュタイン=ケーニヒシュタインの間の娘として生まれた。13歳になると、子供の無い叔父のケーニヒシュタイン伯エーバーハルトに引き取られ、ヘッセン地方のケーニヒシュタインの叔父の宮廷で暮らした。1523年1月27日、ハーナウ=ミュンツェンベルクフィリップ2世と結婚し、間に3男2女をもうけた。

1529年にフィリップ2世と死別すると、共同後見人のナッサウ=ディレンブルクヴィルヘルムとともに、未成年の息子フィリップ3世の後見人として伯爵領を治めた。1531年9月、ユリアーナは共同後見人のナッサウ伯と再婚し、前夫との間の子供たちを連れてディレンブルクに移った。2番目の夫との間にはオラニエ=ナッサウ家の第1世代となる12人の子供をもうけた。死後、ディレンブルク市街の福音派教会に葬られた。

子女[編集]

最初の夫ハーナウ伯との間に5人の子女をもうけた。

  • ラインハルト(1524年)
  • カタリーナ(1525年 - 1581年) - ヴィート伯ヨハン4世と結婚
  • フィリップ3世(1526年 - 1561年) - ハーナウ=ミュンツェンベルク伯
  • ラインハルト(1528年 - 1554年)
  • ユリアーナ(1529年 - 1595年) - ザルム=キルブルク伯トマスと結婚

2番目の夫ナッサウ伯との間に12人の子女をもうけた。

  • ウィレム1世(1533年 - 1584年) - オラニエ公
  • ヘルマーナ(1534年生、夭折)
  • ヤン6世(1535年 - 1606年) - ナッサウ=ディレンブルク伯
  • ローデウェイク(1538年 - 1574年)
  • マリア(1539年 - 1599年) - ファン・デン・ベルフ伯ウィレム4世と結婚
  • アドルフ(1540年 - 1568年)
  • アンナ(1541年 - 1616年)
  • エリーザベト(1542年 - 1603年)
  • カタリーナ(1543年 - 1623年) - シュヴァルツブルク=アルンシュタット伯ギュンター41世と結婚
  • ユリアーナ(1546年 - 1588年) - シュヴァルツブルク=ルードルシュタット伯アルブレヒト7世と結婚
  • マグダレーナ(1547年 - 1643年) - ホーエンローエ=ノイエンシュタイン=ヴァイカースハイム伯ヴォルフガングと結婚
  • ヘンドリック(1550年 - 1574年)

参考文献[編集]

  • Adrian Willem Eliza Dek: De Afstammelingen van Juliana van Stolberg tot aan het jaar van de vrede van Munster. De Europese Bibliotheek, Zaltbommel 1968 (Spiegel der historie).
  • Pierre Even: Dynastie Luxemburg-Nassau. Von den Grafen zu Nassau zu den Großherzögen von Luxemburg. Eine neunhundertjährige Herrschergeschichte in einhundert Biographien. Schortgen, Luxemburg 2000, ISBN 2-87953-600-6, S. 94 f.
  • Eduard Jacobs: Nassau, Juliana, Gräfin von. In: Allgemeine Deutsche Biographie (ADB). Band 23, Duncker & Humblot, Leipzig 1886, S. 263–265.
  • Ed. Jacobs: Juliana von Stolberg, Ahnfrau des Hauses Nassau-Oranien. Nach ihrem Leben und ihrer geschichtlichen Bedeutung dargestellt. Hendel, Wernigerode u. a. 1889.