ヨハン・ウィレム・フリーゾ (オラニエ公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヨハン・ウィレム・フリーゾ

ヨハン・ウィレム・フリーゾ(Johan Willem Friso, 1687年8月4日 - 1711年7月14日)は、オラニエ公(在位:1702年 - 1711年)、フリースラント州総督(在任:1707年 - 1711年)及びフローニンゲン州総督(在任:1708年 - 1711年)。

ヨハン・ウィレム・フリーゾはナッサウ=ディーツ侯ヘンドリック・カシミール2世とその妻でアンハルト=デッサウ侯ヨハン・ゲオルク2世の娘であるヘンリエッテ・アマーリエの間の息子として生まれ、父の死去により1696年に8歳でナッサウ=ディーツ公を継承した。イングランド王を兼ねていた本家のオランダ総督・オラニエ公ウィレム3世には実子がいなかったため、オラニエ=ナッサウ家の相続人にも指名されていた。ヨハン・ウィレム・フリーゾの父方の祖母アルベルティーネ・アグネスと母方の祖母ヘンリエッテ・カタリーナはどちらもオラニエ公フレデリック・ヘンドリック(ウィレム3世の祖父)の娘だった。

ところが、ウィレム3世が1702年に死去すると、ヨハン・ウィレム・フリーゾの継承に対して、前年の1701年プロイセン王に即位したフリードリヒ1世が異議を唱えた。フリードリヒ1世の母ルイーゼ・ヘンリエッテはフレデリック・ヘンドリックの娘であり、父方の祖母エリーザベト・シャルロッテもウィレム1世の外孫だったからである。さらにフランスも報復的にこの相続を妨害、相続問題の決着はヨハン・ウィレム・フリーゾとフリードリヒ1世の息子達の代まで持ち越されることになった。総督職については、ナッサウ=ディーツ家が代々世襲してきたフリースラント州及びフローニンゲン州の総督に成人後に任命されるにとどまり、ウィレム3世が任命されていた5州の総督は、プロイセン王との争議の問題に加えてウィレム3世時代の政策への反発もあって、新たに任命されなかった。

スペイン継承戦争ではイギリス軍総司令官のマールバラ公ジョン・チャーチルプリンツ・オイゲンに従いスペイン領ネーデルラントでフランス軍と戦い、1709年マルプラケの戦いに参戦、1711年までフランス国境を転戦していたが、フリードリヒ1世との協議にハーグへ向かう途中にホランス・ディープ川で船が転覆して死亡した。妃マリア・ルイーゼ・ファン・ヘッセン=カッセルが後継者となるウィレム4世を生んだのは死亡から6週間後であったため、オランダは2回目の無総督時代が継続した。

子女[編集]

1709年ヘッセン=カッセル方伯カールの一人娘マリア・ルイーゼと結婚、2人の子を儲けた。

参考文献[編集]

  • 森田安一編『新版 世界各国史14 スイス・ベネルクス史』山川出版社、1998年。
  • 友清理士『スペイン継承戦争 マールバラ公戦記とイギリス・ハノーヴァー朝誕生史彩流社、2007年。
先代:
ウィレム3世
オラニエ公
1702年 - 1711年
次代:
ウィレム4世