カール (ヘッセン=カッセル方伯)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カール (ヘッセン=カッセル方伯)

カールKarl, 1654年8月3日 - 1730年3月23日)は、ヘッセン=カッセル方伯(在位:1670年 - 1730年)。ヴィルヘルム6世とその妻であったブランデンブルク選帝侯ゲオルク・ヴィルヘルムの娘ヘートヴィヒ・ゾフィーの息子で、ヴィルヘルム7世の弟。

カッセルで生まれ、1670年に兄のヴィルヘルム7世が死去したことによりヘッセン=カッセル方伯となる。

1673年、母方の従姉であるクールラントヤーコプ・ケトラーの娘マリア・アマーリア(1653年 - 1711年)と結婚し、フリードリヒ(後のスウェーデンフレドリク1世及びヘッセン=カッセル方伯フリードリヒ1世)、ヴィルヘルム(後のヘッセン=カッセル方伯ヴィルヘルム8世)、マリア・ルイーゼオラニエ公ヨハン・ウィレム・フリーゾ妃)らをもうけた。

1730年3月23日に死去、スウェーデン王フレドリク1世となっていたフリードリヒがヘッセン=カッセル方伯位を嗣ぎ、スウェーデンとヘッセン=カッセルの同君連合が成立した。しかしフリードリヒ1世と妻でスウェーデン女王のウルリカ・エレオノーラとの間に嗣子が生まれなかったため、この同君連合は一代限りとなった。

子女[編集]

先代:
ヴィルヘルム7世
ヘッセン=カッセル方伯
1670年 - 1730年
次代:
フリードリヒ1世