日蘭関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日蘭関係
日本とオランダの位置を示した地図

日本

オランダ

日蘭関係(にちらんかんけい)では、日本オランダの関係について解説する。

概説[編集]

徳川家康の名で発行されたオランダとの通商許可証(慶長14年7月25日1609年8月24日)付

日蘭関係の歴史は、17世紀初頭まで遡ることができる。江戸時代初期から幕末に至るまで、「祖法」として固守された鎖国政策の中にあっても、ヨーロッパ諸国では唯一、オランダとは長崎貿易を通じて外交貿易関係を維持し続けた[1]。この間、日本に到来したオランダ船は、1621年元和7年)から1847年弘化4年)までの227年間に、延べ700隻以上にのぼる。江戸幕府は、オランダから毎年もたらされるオランダ風説書の情報によって国際情勢を知り、対外政策を決定した。また、ヨーロッパから伝来した学問・技術に関する研究は、そのほとんどがオランダおよびオランダ語を通じて摂取されたため蘭学と呼ばれ、幕末から明治維新以降にはじまる急激な知的開国の下地を形成した。

好奇心で出島のオランダ人をみている日本人

明治時代以降もおおむね良好な外交関係を維持したものの、昭和時代に入ると関係は悪化する。太平洋戦争の開戦後、イギリスに亡命していたオランダ政府は、日本へ宣戦布告した。両国は戦争状態に入り、日本軍オランダ領東インドなどに進攻した。数年間の敵対関係を経て、戦後、日本国との平和条約(サンフランシスコ講和条約)の発効により、両国の親交は復活した。

文化交流、経済交流は活発で、要人の往来も頻繁に行われる。特に、日本の皇室オランダ王室の関係は親密で、2006年平成18年)8月には、日本の皇太子徳仁親王同妃雅子および愛子内親王が、オランダに異例の長期旅行・滞在を行った。2000年(平成12年)に日蘭交流400周年[2]、2008年(平成20年)に日蘭外交関係開設150周年[3]、2009年(平成21年)には通商400周年[4]を迎え、両国において様々な周年事業を実施した[5]

日本の外務省は、「400年に及ぶ歴史的伝統的友好関係を維持。両国の皇室・王室関係は極めて親密。一部の戦争犠牲者による賠償請求問題を除き特に懸案はなし。」と、両国の政治関係を総括している[5]

歴史[編集]

オランダ貿易の開始と鎖国の完成[編集]

ヘンドリック・ブラウエル。第2代平戸オランダ商館長
復元された出島のオランダ商館内部
川原慶賀「唐蘭館図 蘭船入港図」

慶長5年3月16日(グレゴリオ暦1600年4月29日)、オランダの商船リーフデ号(デ・リーフデ号)[6]が、豊後国臼杵(大分県臼杵市)に漂着した。当時、新教国で新興貿易国家として勢力を伸張していたオランダに対し、敵愾心を抱いていたカトリック国スペイン(イスパニア)のイエズス会士らは、「リーフデ号は海賊船である」と、五大老の一人であった徳川家康に進言した。この進言を受けて、乗組員のオランダ人ヤン・ヨーステン(ヤン=ヨーステン・ファン・ローデンスタイン)や、イギリス人のウィリアム・アダムスらは、船とともに大坂(大阪)へ護送され、取り調べを受けた。同月末(同年5月)、乗組員を引見した家康は、新教国とカトリック国の対立など欧州情勢を臆さずに説くヤン・ヨーステンらを気に入り、海賊船の嫌疑を晴らした。家康は、釈放されたヤン・ヨーステンらを城地の江戸に招き、外交政策の相談役とした[7]。江戸に幕府を開いた後も、ヤン・ヨーステンは城下に屋敷を構えて外交交渉に当たり、ウィリアム・アダムスは後に旗本として相模国三浦郡逸見(現・神奈川県横須賀市逸見)に領地得て、三浦按針の名を与えられた。ヤン・ヨーステンの屋敷跡は八重洲東京都中央区八重洲)という地名に、アダムスが眠る旧領に造られた駅には安針塚駅京急本線)と、その名を残している。

江戸幕府は、当初、安土桃山時代から続く南蛮貿易について、その独占と管理に重点を置き、開国を維持する政策を採った。1604年(慶長9年)には、江戸幕府が初めて内外貿易船に朱印状を下付して朱印船貿易を始め、同年には糸割符制度も始めた。貿易関係は維持したものの、キリスト教に対する警戒は強まり、特に布教に力を入れるスペインなどのカトリック国を冷遇し、貿易に力を入れるオランダやイギリスなどの新教国を厚遇する措置をとった。1609年(慶長14年)にオランダ、1613年(慶長18年)にはイギリスが、肥前国平戸(長崎県平戸市)に商館を置いて平戸貿易が始まると、その傾向は顕著になった。なお、スペイン人・ポルトガル人を南蛮人というのに対して、オランダ人は紅毛人と呼ばれ、後には広く西洋人一般を紅毛人と称した。

当時、オランダは、スペインからの独立をかけた八十年戦争1568年から1648年まで)の最中で、1579年に成立した対スペイン軍事同盟であるユトレヒト同盟の下、独立国家(ネーデルラント連邦共和国)として歩み始めたばかりであった。1596年にはイギリス・フランスと締結した対スペイン攻守同盟により、オランダの独立は一応承認され、1602年には後にオランダ海上帝国と呼ばれる体制の基礎となるオランダ東インド会社が設立された。1609年(慶長14年)の日蘭貿易開始の際にオランダ東インド会社は、前将軍である徳川家康に対し、オランダ総督オラニエ公マウリッツを「国王」と記した書簡を提出し、朱印状を得ている。この当時、オランダには国王が存在しなかったため、共和国の中心的指導者であるオランダ総督のオラニエ公マウリッツを対外的代表としていた。

家康が亡くなった1616年元和2年)、ヨーロッパ船の来航を平戸と長崎に制限したのを皮切りに、江戸幕府は南蛮貿易の縮小に傾き、続く3代将軍・徳川家光の治世には、この傾向が強化される。1623年(元和9年)にイギリス人が平戸の商館を閉鎖し、翌1624年(元和10年/寛永元年)にはスペインとの国交を断絶して、スペイン人の来航が禁じられた。1633年(寛永10年)には、奉書船以外の海外渡航を禁じる第1次鎖国令が定められ、1635年(寛永12年)にはすべての日本船の海外渡航を禁じる第3次鎖国令が定められる。1639年(寛永16年)にポルトガル人の来航を禁じる第5次鎖国令が定められると、ヨーロッパ諸国ではオランダのみが日本との貿易を継続することとなった。そして、1641年(寛永18年)には、オランダ人を長崎の出島に移し、鎖国体制は完成した。

オランダとの通交[編集]

1801年の長崎の様子
初の蘭和辞典『ドゥーフ・ハルマ』。適塾所蔵。
ヘンドリック・ドゥーフ。オランダ商館長。『ドゥーフ・ハルマ』の著者。

オランダは1602年、貿易に携わっていた諸会社を統合し、オランダ東インド会社を設立した。このオランダ東インド会社は、国家(当時はネーデルラント連邦共和国)から特別の保護と権限が与えられており、南アフリカ喜望峰から南米のマゼラン海峡に至る地域で、独占的に貿易を行った。また、オランダ東インド会社は、これらの地域で条約同盟を締結することや、軍事力の行使、貨幣の鋳造、地方長官や司法官の任命まで、様々な権限が認められていた。平戸、および長崎・出島に商館を設置し、これらに到来する船を周航させたのも、オランダ東インド会社である。オランダ商館は、総合商社の支店としての機能と在外公館としての役割をあわせて担い、本国と密接に連絡を取ることで、オランダ海上帝国とも呼ばれる通商国家オランダの繁栄を支えた。

オランダとの貿易では、初期には、オランダ側から生糸インド北部のベンガルベトナムトンキンなどで生産)、絹織物を輸入し、日本側から(主に石見銀山で産出)を輸出していた[8]。中期以降には、オランダ側から羅紗ビロード胡椒砂糖ガラス製品、書籍などを輸入し、日本側から樟脳陶磁器漆工芸品などを輸出した。特に、肥前国有田(佐賀県有田町)で焼かれた伊万里焼は珍重され、オランダ・デルフト市の陶器デルフト焼の文様には、伊万里の染付磁器の影響が見られる。

オランダ人を長崎・出島に移した1641年(寛永18年)、幕府は、鎖国令と禁教令を徹底するため、来航するオランダ人に情報提供を義務付けた。義務の内容は、宣教師の日本潜入に関する情報の提供や、ポルトガル人・スペイン人などカトリック国の対日本計画などに関する情報の提供で、これはオランダ人による貿易独占を継続するための重要な条件の一つでもあった[9]。この情報提供が定型化された後には、毎年オランダ船が入港すると、通訳業務を取り扱った通詞がオランダ商館長(カピタン、甲必丹、甲比丹)を訪れて広範囲の海外情報を聞き取り、翻訳の上、通詞と商館長が署名・押印して、長崎奉行に届け出た。このとき作成された文書は、「風説書」(阿蘭陀風説書、オランダ風説書)と呼ばれる。長崎奉行は風説書を江戸表へ送り、幕府首脳は風説書を通じて、海外情勢を知った。風説書の内容は年々簡略化され、形式化された。しかし、19世紀中葉、国際情勢が緊迫化して日本にもその余波が現れると、幕府は海外情報の収集に努め、「通常の」風説書に加えて、別に詳細な内容の「別段風説書」と呼ばれる文書を年々提出させた。この別段風説書は、アヘン戦争1840年 - 1842年)勃発の翌々年、1842年天保13年)から提出され始めた。

オランダ商館長は、歴代、通商免許に対する礼として江戸に上り、将軍に謁見して貿易の御礼を言上して贈り物を献上している。これを「カピタンの江戸参府」といい、毎年、定例として行うようになったのは1633年寛永10年)からであり、商館が平戸から長崎に移されて以後も継続された。1790年寛政2年)以降は4年に1度と改められたが、特派使節の東上は1850年嘉永3年)まで166回を数えた。江戸の長崎屋、京の海老屋は「阿蘭陀宿」として使節の宿泊にあてられた。

蘭学の隆盛[編集]

蘭学の先駆者としては、肥前国長崎生まれの西川如見がおり、長崎で見聞した海外事情を通商関係の観点から記述した『華夷通商考』を著した。かれはまた、天文・暦算を林吉右衛門門下の小林義信に学んでおり、その学説は中国の天文学説を主としながらもヨーロッパ天文学説についても深い理解を寄せていた。

適塾所蔵『解体新書』
エレキテル

オランダ語は通詞によって学ばれた。1720年享保5年)、8代将軍徳川吉宗は、漢訳蘭書の輸入禁止を緩和し、1740年元文5年)、儒学者の青木昆陽(甘藷先生)、本草学者の野呂元丈にオランダ語学習を命じ、西洋の知識摂取を奨励した。

江戸時代中期以降には、支配層のなかにも、熊本藩細川重賢薩摩藩島津重豪のような蘭癖大名があらわれ、久保田藩佐竹義敦のように自ら絵筆をとり蘭画を描く藩主もあらわれた。博物趣味の流行や殖産興業の必要性から蘭学に傾倒した君主も多く、その支援によって蘭学はいっそう隆盛した。

田沼時代1774年安永3年)には、杉田玄白前野良沢らがオランダの医学書の『ターヘル・アナトミア』を訳して『解体新書』として刊行、1788年天明8年)には大槻玄沢が蘭学の入門書『蘭学階梯』を記して、蘭学の発展の基礎をつくった。また志筑忠雄1802年享和2年)、ニュートン力学を研究し、ジョーン・ケイル(ジョン・カイル、John Keill)の著作を『暦象新書』として翻訳刊行している。平賀源内は蘭学全般を学び、エレキテルの復元や寒暖計の発明などをおこなっている。幕府天文方では世界地図の翻訳事業がなされ、1810年文化7年)、『新訂万国全図』を刊行した。

蘭学事始』は、1815年(文化12年)、83歳の杉田玄白が蘭学草創からを回顧して大槻玄沢に送った手記であり、戦国末期の西洋との接触から話を始め、蘭方医学の起こりや青木昆陽と野呂元丈による蘭語研究、『解体新書』翻訳時の苦労が臨場感豊かに記されている。その他、平賀源内、前野良沢、桂川甫周建部清庵、大槻玄沢、宇田川玄真稲村三伯など同時代の蘭学者の逸話が満載されている。

小田野直武「東叡山不忍池」(1770年代)秋田県立近代美術館所蔵
1792年に司馬江漢が発行した「地球全図」

辞書としては、ハルマ(François Halma)の『蘭仏辞書』をもとにして、1796年寛政8年)に日本最初の蘭和辞典が稲村三伯・宇田川玄随らによって編纂され、1798年(寛政10年)『ハルマ和解』として刊行された。さらに1833年天保4年)には大部の『ドゥーフ・ハルマ』が完成した。辞書の編纂や刊行によって蘭学は飛躍的に発展し、各地に蘭学塾の隆盛をみた。

こうした蘭学興隆にともない、幕府は高橋景保の建議を容れ、1811年(文化8年)に天文方に蛮書和解御用を設けて洋書翻訳をさせている。景保はまた、伊能忠敬の全国測量事業を監督している。なお、蛮書和解御用は幕末には蛮書調所という洋学の研究教育機関に発展した。

文政年間(1818年1829年)にはシーボルトが日本を訪れ、1824年(文政7年)、長崎郊外に鳴滝塾を開いて高野長英小関三英二宮敬作伊東玄朴戸塚静海らに蘭方医学西洋医学)や自然科学などの諸学を講じた。さらに、大坂では1838年(天保9年)に緒方洪庵適塾をひらいて、福澤諭吉大鳥圭介橋本左内大村益次郎長与専斎佐野常民高松凌雲など、幕末から明治維新にかけて活躍した幾多の人材を育てた。

芸術の面でも、平賀源内からの伝授により、安永・天明年間に隆盛をみた小田野直武秋田蘭画を皮切りにして洋風画が開花し、司馬江漢亜欧堂田善などの作家があらわれ、これらの技法や題材は浮世絵にも影響をあたえている。また、江戸時代中期には蘭学者や文化人などが親交を深めるため、太陽暦で正月を祝うおらんだ正月を催したりもした。

しかし、その一方では、外国からの開国要求を警戒した江戸幕府によって、政治・思想面では抑圧が加わり、国外持出の禁止されていた伊能忠敬の日本地図を持ちだそうとしたことがきっかけとする1828年(文政11年)のシーボルト事件や、モリソン号事件に対する幕府の対応を批判した『戊戌夢物語』の高野長英、『慎機論』の渡辺崋山が弾圧された1839年(天保10年)の蛮社の獄が起こっている。

幕末の日蘭関係[編集]

フェートン号
クルティウス
観光丸
1860年桑港停泊中の伝・咸臨丸
咸臨丸で渡米。明治2年(1869年)『蘭学事始』再版を刊行。旗本福澤諭吉
五稜郭

上述のとおり、ヨーロッパ諸国のなかではオランダのみが日本との通商を許されており、長崎の出島にオランダ東インド会社商館を設置していたが、1808年文化5年)、イギリス軍艦フェートン号がオランダ船を捕獲するために長崎に侵入、薪水などを得て退去した。これがフェートン号事件である。当時のオランダは、ナポレオン・ボナパルトの弟ルイ・ボナパルトを王とするホラント王国であり、イギリスとは戦争状態にあって、その東南アジアの植民地はイギリスによって占領されていた。この事件は、ヨーロッパにおけるナポレオン戦争の余波が東アジアの日本にまで及んだものであるが、責任をとって長崎奉行松平康英は自刃した。

その後、1813年にナポレオン帝国が崩壊すると、イギリスに亡命していたオランダ総督(実質的なオランダ君主)を世襲するオラニエ=ナッサウ家の一族がオランダ本国に帰国した。1815年にはウィーン会議での取り決めにより南ネーデルラント(ベルギーなど)を含むネーデルラント連合王国が成立、最後のオランダ総督ウィレム5世の子であるウィレム1世が初代国王に即位した。これが現在まで続くネーデルラント王国(オランダ王国)の始まりである。

アヘン戦争後の1844年弘化元年)、オランダ国王ウィレム2世は日本に開国を勧告する国書を将軍徳川家慶あてに送ったが、翌年、幕府はこれを拒絶している。

1852年嘉永5年)、この年にオランダ商館長となったヤン・ドンケル・クルティウスが幕府に提出した「別段風説書」には、アメリカ合衆国砲艦外交を極東でおこなうとして米国軍船の来航を予告したが、幕閣はこれを黙殺した。翌1853年(嘉永6年)、アメリカ合衆国大統領ミラード・フィルモアの国書をたずさえて、アメリカ海軍東インド艦隊司令長官マシュー・ペリーが相模国三浦郡浦賀(現・神奈川県横須賀市浦賀)沖に来航した。1854年安政元年)、ペリーが軍艦7隻を率いて再来航し、日米和親条約が調印されて日本が開国すると、それにつづいてイギリスやロシアとも同じ内容の条約を結んだ。オランダ商館長クルティウスは、開国政策に転じた幕府の要求に応じ、軍艦2隻(後の観光丸であるスンビン号と、後の咸臨丸であるヤパン号)の発注、幕府長崎海軍伝習所の設立、オランダ海軍士官の招聘などに関与し、これらの活躍を通じて日本側の信頼を得て1856年1月30日(安政2年12月29日)、日蘭和親条約の締結に至った。日本は、この4ヶ国との和親条約により、従来の長崎とともに、伊豆国賀茂郡下田(現・静岡県下田市)、箱館(現・北海道函館市)も開港されることとなった。

1855年(安政2年)、クルティウスの協力によって設立された長崎海軍伝習所は、海軍士官養成のための学校であった。そこでは、幕臣雄藩の藩士を選抜し、ペルス・ライケンホイセン・ファン・カッテンディーケポンペ・ファン・メーデルフォールトらのオランダ人教師によって西洋技術、航海術、蘭学をはじめとする諸学を学ばせた。海軍伝習所で学んだ著名な人物には勝海舟榎本武揚五代友厚などがいる。

また同じく1855年(安政2年)には、米国総領事としてタウンゼント・ハリスが下田に着任している。ハリスは翌年、通訳兼書記官としてオランダ語に通じたヘンリー・ヒュースケンを雇った。ヒュースケンはアムステルダム生まれのオランダ人で、外交折衝や日本での見聞をつづった『ヒュースケン日本日記』を遺しており、幕末外交史の貴重な資料となっている。

1857年(安政4年)、箱館ではオランダの築城技術をもとに五稜郭の建造工事がはじまった。なお、この年は咸臨丸南ホラント州キンデルダイクで完成し、日本へ送られて長崎海軍伝習所の練習艦となった年でもあった。この船は、のちに勝海舟、福澤諭吉ジョン万次郎らを乗せて太平洋を横断することとなる。

1858年安政元年)、米国下田総領事のタウンゼント・ハリスは清国がアロー号事件の結果、天津条約を結んだことを利用し、日蘭修好通商条約の調印をはたらきかけ、老中堀田正睦は勅許を得ようとしたが失敗に終わり、代わって大老となった井伊直弼とのあいだに交渉がもたれ、無勅許のまま調印した。イギリス、フランス、ロシアとも同様の条約が結ばれ、1858年8月17日(安政5年7月10日)オランダとのあいだに日蘭修好通商条約がむすばれた。これらは総称して「安政五カ国条約」と呼ばれる。

通商条約の締結もクルティウスによるものであった。クルティウスは、長崎奉行と交渉し、踏み絵の廃止を実現するなど、開国後のオランダ最初の駐日外交官としても日蘭間の交渉役を続けている。この交渉の過程で日本人へオランダ語を教授するかたわら、自ら日本語の研究も進め、1857年には日本語の文法書「日本文法稿本」を作成、また、日本初の有線式実用長距離電信実験に成功し、電信技術を日本にもたらしている。

通商条約の締結により、日本とオランダのあいだに従来の長崎での管理貿易にかわって、長崎、箱館、神奈川(のち横浜)、兵庫(のち神戸)、新潟を開港場とする自由貿易がはじまることとなった。また、既に和親条約によって出島に対する規制は大幅に緩和されていたが、通商条約を受けてオランダ商館が正式に廃止された。国別でみると、1860年段階でオランダは日本にとってイギリス、アメリカに次いで第3の貿易相手国であったが、その比率は年を経るにしたがって減じていき、1865年にはフランスに追い越されている。

こうした状況は、適塾でオランダ語を学んだ福澤諭吉1859年(安政6年)によって外国人居留地となった横浜の見物に出かけたが、そこではもっぱら英語が用いられており、看板の文字すら読めないことに衝撃を受けたエピソードにもあらわれている。

1860年(万延元年)、日米修好通商条約の批准書を交換するためアメリカ軍艦ポーハタン号は、遣米使節団一行を乗せて太平洋を横断させることとなったが、ポーハタン号の万一の場合を想定して咸臨丸も同行することとなった。これには福澤も同乗しているが、ウェブスター辞書を購入して帰国し、そののちは幕府翻訳方に採用された。

このように、開国は洋学の発展を促進したが、その一方で、開国後のインフレーションなどにより排外主義的な思想も力を得た。また、孝明天皇の了解を得ずに、各国との間で修好通商条約を締結したため、排外思想が尊王思想とも結びついて尊王攘夷運動がおこった。1861年1月(万延元年12月)、日本をこよなく愛したヒュースケンは薩摩藩士におそわれて死亡した。

『馬關戰争圖』(部分) 藤島常興 筆、下関市市立長府博物館 収蔵

攘夷派が藩政を握り、尊王攘夷運動の牙城となったのが長州藩であった。1863年6月25日(文久3年5月10日)、長州藩は攘夷を決行し、関門海峡(馬関海峡)を航行するアメリカ商船を砲撃した。これに対し、その報復として、翌1864年9月5日(元治元年8月5日)から7日(同年8月7日)にかけて、英・蘭・仏・米四国連合艦隊17隻が下関を砲撃し、陸戦隊が砲台を占拠した。これが下関戦争である。戦闘で惨敗を喫した長州藩は四国側と交渉し、下関海峡の外国船通航の自由や賠償金の支払などを条件として講和した。なお、賠償金300万ドル(225万両相当)は、長州藩には支払えないほど巨額であったことや、長州藩は幕命によって攘夷を実行したという経緯から、幕府が支払うこととされた。

蘭学を学んでこの時期に活躍した人物としては、長州の大村益次郎がいる。大村は、1846年(弘化3年)に緒方洪庵の適塾で学び、その在籍中に長崎へ1年間遊学して、そののち適塾の塾頭まで進んだ。長州征討戊辰戦争で長州藩兵を指揮し、勝利の立役者となったほか、事実上の日本陸軍の創始者であり、また靖国神社の前身である東京招魂社の創建を献策した。

幕府側の人物としては、津和野藩出身の西周がいる。かれは最後の将軍徳川慶喜の政治顧問であり、明治にはいっては啓蒙家として活躍し、貴族院議員も務めている。かれが蘭学を学んだのは1841年(天保12年)の養老館においてであり、1862年文久2年)には幕命で津田真道、榎本武揚らとともにオランダ留学し、フィセリング(Simon Vissering)に法学を、またカント哲学経済学国際法などを学んでいる。「哲学」「藝術」「理性」「科學」「技術」など多くの哲学・科学関係のことばは西の考案した訳語として知られる。

以上のように、オランダとの長い交流は幕末の諸相に対して陰をおとしていた。箱館戦争では、オランダに留学した榎本武揚がオランダの築城術でつくった五稜郭にたてこもり、海ではもとオランダ船咸臨丸も活躍したが、ついに降伏し、戊辰戦争が終結するのである。

明治維新後の日蘭関係[編集]

デ・レーケ(船頭平河川公園

明治新政府が条約改正交渉の下準備と西洋文明の調査のために欧米諸国に派遣し、巡覧させた岩倉使節団1871年(明治4年)から1873年(明治6年)までにおよんだが、このときオランダも訪れており、1873年、一行はハーグヴィレム3世と謁見した。10日あまり滞在し、ロッテルダムライデンアムステルダムを巡覧、諸機関・各施設を見学したのちハーグから次の訪問先、新生間もないドイツ帝国を訪れている。なお、この使節団のなかには、かつてオランダで西洋医学を学んだ長與專齋もいた。

日本が開国して明治維新をむかえた後は、国際関係の中での日蘭関係の比重は低下したものの、急速な近代化政策を進める上で、大きな力となったお雇い外国人のなかには、オランダ人も多かった。法学者宣教師でもあるグイド・フルベッキをはじめ、特に、オランダで発達していた治水技術の分野では、多くのオランダ人技術者によって学者・技術者が育成され、また、各地の治水工事でも指導力を発揮した。著名な人物だけでも、「砂防の父」と呼ばれるヨハニス・デ・レーケ利根運河の建設などに関与したローウェンホルスト・ムルデル淀川修復工事などに関与したジョージ・アーノルド・エッセル野蒜築港計画などに携わったファン・ドールンなどがいる。

1912年(明治45年)には、明治政府の悲願であった条約改正が行われ、日蘭通商航海条約が締結された[10]

オランダとの戦争[編集]

ジャワ島内を進撃する日本軍

オランダは、第二次世界大戦中、日本に対してのみ宣戦布告した。これは、オランダ領東インド政庁が独断で宣戦布告し、当時ロンドンに亡命していた本国政府が追認したものとされる[11]。この1941年(昭和16年)12月8日の宣戦布告によって、両国は戦争状態に入った。

1942年(昭和17年)1月、日本軍は石油資源の獲得を主な目的として蘭印作戦と呼ばれるオランダ領東インド(蘭印、現在のインドネシア)進攻作戦を決行し、同年3月10日には蘭印連合軍の本拠ジャワ島に至ってこれを全面降伏させ、ほぼ全域を制圧した。オランダ領東インドは大東亜政略指導大綱で領有する方針が決定されていたため、3地域に分けて日本軍による軍政が施かれ、正負両側面にわたる様々な影響を与えた。終戦後、再植民地化を示唆したオランダに対して、スカルノモハマッド・ハッタらの独立派は、1945年8月17日インドネシア独立を宣言して、インドネシア独立戦争に入った。

一方、1942年(昭和17年)3月の内に日本軍は、ジャワ島内で蘭印軍66,219名を含む連合軍82,618名を捕虜としたほか[12]、民間人9万人余も収容した。彼らは自分達が東インド住民を懲罰するために設けた監獄に自ら入れられるという屈辱を味わった。オランダ人兵士の一部は長崎の捕虜収容所に送られ、そこで原爆に被爆した。また、日本軍がオランダ人女性を強制連行し慰安婦にした白馬事件も起こった。終戦後、オランダは、捕虜虐待などの容疑で、多くの日本軍人をBC級戦犯として処罰した(連合国中で最も多い226人の日本人を処刑)。

戦後長らく反日感情は残り、1971年(昭和46年)に昭和天皇がオランダ訪問した際には街中に「裕仁は犯罪者」という落書きが見られ、卵や魔法瓶が投げつけられ手植え苗を引き抜かれるという嫌がらせがあった[13]1986年(昭和61年)にはベアトリクス女王の訪日計画がオランダ国内世論の反発を受けて中止された。1989年(平成元年)の昭和天皇の大喪の礼の際も、多くの君主国が王族を派遣したものの、オランダからは王族が葬儀に参列することはなかった。1991年(平成3年)に来日した女王は、宮中晩餐会で「日本のオランダ人捕虜問題は、お国ではあまり知られていない歴史の一章です」と、この間の事情の一端について触れた。同年、海部俊樹首相がオランダ訪問した際には、戦没者慰霊碑に捧げた花輪が池に投げ捨てられており、いかに反日感情が根強かったかが窺える。しかしその後、終戦後50年にあたる1995年(平成7年)に出された村山談話をきっかけに「平和友好交流計画」が決められ、アジア女性基金による償い事業などの実施により、オランダ国民の対日感情も和らいだ[14]。日蘭交流400周年を記念して、2000年(平成12年)に今上天皇が訪問した際には、オランダのテレビ番組で献花の様子が放映され、昭和天皇の訪問のときとは打って変わって熱烈な歓迎を受けた。

ただ、2007年平成19年)にはオランダ議会下院で、日本政府に対し「慰安婦」問題で元慰安婦への謝罪と補償などを求める慰安婦問題謝罪要求決議がなされた。2008年(平成20年)に訪日したマキシム・フェルハーヘン外相は、「法的には解決済みだが、被害者感情は強く、60年以上たった今も戦争の傷は生々しい。オランダ議会・政府は日本当局に追加的な意思表示を求める」[15]と述べた。

日蘭関係の復活[編集]

1951年(昭和26年)9月、日本国との平和条約(サンフランシスコ講和条約)が締結され、翌1952年(昭和27年)4月に発効した。同条約にはオランダも署名しており、これにより日蘭両国の友好関係は復活した[16][17]。当時、食糧難の記憶のまだ新しい日本はオランダの干拓技術の習得のため、1952年より、多くの技術者を留学させている。1954年(昭和29)には「八郎潟干拓の父」とよばれたヤンセン博士(Peter Philips Janssen)が来日している。

また、二国間条約・取極は、1953年(昭和28年)に航空協定[18]1956年(昭和31年)に日蘭議定書[19]と査証取極[20]1970年(昭和45年)に租税条約[21]1981年(昭和56年)に文化協定[22]1996年(平成8年)に科学技術協定[23]2009年(平成21年)に社会保障協定[24]2010年(平成22年)に税関相互支援協定が、それぞれ締結されている。また、2003年(平成15年)のイラク戦争では両国共にアメリカを支持し、自衛隊イラク派遣においてはオランダ派遣軍が治安維持を担当する地域に派遣された陸上自衛隊に対して(先に活動を行っていた立場から)指導・協力を行った[25]。戦後の日蘭関係は、前述の懸案があるものの、概ね安定的な友好を保っている。

賠償問題[編集]

オランダと日本は、1951年(昭和26年)に日本国との平和条約(サンフランシスコ講和条約)を締結した。同条約第14条により、日本はオランダに対して賠償を支払うべきではあるが、オランダは日本の存立可能な経済を維持するとの観点からすべての賠償請求権及び財産、並びに、戦争によって生じた国及び国民の請求権を放棄した[26]

日本の捕虜であったオランダの人々に対する償いとしては、平和条約第16条に基づき、日本が国際赤十字委員会に支払った資金で一定の支払いがなされた。また、民間被抑留者については同条による支払の対象ではなかったため、平和条約の調印に先立って、1951年(昭和26年)9月7日と8日に、オランダのスティッカー(Dirk Stikker)外務大臣と日本の吉田茂内閣総理大臣との往復書簡(吉田・スティッカー書簡)により、以下の見解を明らかにした。すなわち、オランダ政府は平和条約第14条(b)による請求権の放棄によってオランダ国民の私的請求権が消滅することにはならない旨表明し、これに対し、日本政府は、オランダ国民の私的請求権は最早存在しなくなるものとは考えないが、平和条約の下において連合国国民は、かかる請求権につき満足を得ることはできないであろうということ、しかし日本国政府が自発的に処置することを希望するであろう連合国国民のあるタイプの私的請求権が存在することを表明した。この吉田・スティッカー書簡に基づいて、1956年(昭和31年)3月13日、「オランダ国民のある種の私的請求権に関する問題の解決に関する」日蘭議定書[19]が結ばれ、日本側は「オランダ国民に与えた苦痛に対する同情と遺憾の意を表明するため」、1000万ドルを「見舞金」として「自発的に提供する」こととした。

こうして、日蘭間の戦後処理は、平和条約によって法的に解決済みであり、さらに日蘭議定書において、オランダ政府はいかなる請求をも日本国政府に対して提起しないことが確認された。

もっとも、オランダ国民の間には、対日個人賠償を求める気運が残った。1990年(平成2年)には、対日道義的債務基金(JES)が結成され、日本政府に対し法的責任を認めて補償するよう主張し、一人当たり約2万ドルの補償を求める運動を始めた。また、JESは慰安婦問題も取りあげ、償いに直接に責任をとるべきは日本政府であるという立場をとった。

これに対して日本政府は、女性のためのアジア平和国民基金(アジア女性基金)を通じた事業を行うこととし、基金設置直後から、日本の外務省は事業準備のための活動を始めた。この活動に関してオランダ政府は、先の戦争に係わる賠償及び財産、並びに請求権については、サンフランシスコ平和条約で解決済みであるので、日本側が直接関係者と話し合ってほしいと促した。このため、日本の外務省は、JESの関係者と直接話し合いを行った。この話し合いの中で、オランダ側から個人に対する支払いが求められた。このため、医療福祉支援を個人に対して実施すること、支出する政府資金の総額を2億5500万円とすることで合意した。

1998年(平成10年)7月15日、アジア女性基金とオランダでの事業実施のために設立された委員会(オランダ事業実施委員会、PICN)との間で覚書が交わされ、慰安婦問題に関し、先の大戦中、心身にわたり癒しがたい傷を受けた方々の生活状況の改善を支援するための事業を同委員会が実施することとなった[27]。アジア女性基金は、この覚書に基づき、日本政府からの拠出金を原資として、同委員会に対し3年間で総額2億5500万円規模(最終的な実施総額は 2億4500万円)の財政的支援を行うこととし、同委員会は79名の方に事業を実施した。この事業は、2001年(平成13年)7月14日、成功裏に終了した。

しかし、2007年(平成19年)11月20日、オランダ下院は日本政府に対し元慰安婦への謝罪や補償などを求める決議案を全会一致で可決した(オランダ下院慰安婦問題謝罪要求決議)。これは、アメリカ議会で従軍慰安婦問題の対日謝罪要求決議案(アメリカ合衆国下院121号決議)が可決されたことが影響しているとされる。この決議に対して、日本政府は特にコメントしていない。また、オランダ駐日大使のフィリップ・ヘル(フィリップ・ドゥ・ヘーア、Philip de Heer)は、日本政府が慰安婦に謝罪を求める集会に参加し、日本政府を非難している。[28]

現在の日蘭関係[編集]

2000年(平成12年)の日蘭交流400周年記念には、両国で約700の記念行事が催されるなど、日蘭の文化交流は活発。

2005年(平成17年)の貿易額は、日本からオランダが1兆5,076億円、オランダから日本が2,439億円。同じく主要品目は、日本からオランダが事務用機器、映像機器、科学光学機器、自動車の部分品、自動車など、オランダから日本が科学光学機器、有機化合物、植物性原材料(球根等)、自動車の部品、原動機などとなっている。2004年(平成16年)の直接投資は、日本からオランダが7,764億円、オランダから日本が3,164億円で、いずれもEU加盟国中第1位となっており、日蘭の経済関係は重要さを増している。2009年(平成21年)には社会保障協定、2010年(平成22年)には税関相互支援協定、2011年(平成23年)には租税条約が、それぞれ締結されている。

2011年(平成23年)3月の東日本大震災の後には、オランダ全土で支援行事が多数開催された。

近年の要人往来[編集]

2000年(平成12年)以降の要人往来は以下の通り。

日→蘭 蘭→日
  • 2000年 - ウィム・コック首相、ファン・アールツェン外相(以上2月)、コルトハルス・アルテス上院議員一行(3月、参議院議長招待)、ヴィレム=アレクサンダー皇太子、ヨリツマ副首相兼経済相、ファン・アールツェン外相(以上4月)、プロンク環境相(9月)、ネーテレンボス運輸相(10月)、ブリンクホルスト農業相、イベマ外国貿易相(以上11月)
  • 2002年 - ヘルフケンス開発協力相(1月)、プロンク環境相(5月)
  • 2003年 - ヴィレム=アレクサンダー皇太子(3月、世界水フォーラム)
  • 2004年 - ブリンクホルスト経済相(2月)、カンプ国防相(11月)
  • 2005年 - ボット外相(4月)、ヴィレム=アレクサンダー皇太子・同妃(4月)、ブリンクホルスト副首相兼経済相(10月)
  • 2006年 - ザルム副首相兼財務相(5月)、ホーヘルフォルスト健康保健スポーツ相(6月)、ヴァイン経済相(10月)
  • 2007年 - ペイス運輸・公共事業・水利相(1月)、ヴィレム=アレクサンダー皇太子(3月)
  • 2008年 - ヴィレム=アレクサンダー皇太子(5月)、ファン・デル・フーフェン経済大臣(6月)
  • 2009年 - ユーリングス運輸・公共事業・水利相(10月)、バルケネンデ首相及びプラステルク教育・文化・科学相(10月)、ティマーマンス欧州兼国際文化協力担当相(12月)
  • 2010年 - ファン・デル・フーフェン経済相(4月)
  • 2011年 - ローゼンタール外務大臣(10月)
  • 2012年 - フェルハーヘン副首相兼経済・農業・イノベーション相(2月)、デ・ヤーヘル財務相(10月)、クナーペン開発協力・欧州担当相(10月)
  • 2013年 - コルステンス最高裁判所長官(3~4月)
  • 2014年 - ティマーマンス外相(4月)

駐日・在オランダ公館[編集]

駐日公館
在オランダ公館

人物[編集]

オランダ人[編集]

日本人[編集]

  • 徳川家康 - 江戸幕府初代将軍。オランダから到来したヤン・ヨーステンらを厚遇した。
  • 末次平蔵 - 貿易商、長崎代官。オランダ東インド長官ピーテル・ノイツを台湾で拘束したタイオワン事件に関与。
  • 徳川家光 - 江戸幕府第3代将軍。鎖国体制を完成させたが、オランダとの貿易は継続した。
  • 徳川吉宗 - 江戸幕府第8代将軍。オランダからの知識摂取を奨励。
  • 青木昆陽 - 蘭学者、儒学者。甘藷先生。吉宗の命を受け、オランダ語を学ぶ。
  • 野呂元丈 - 本草学者。吉宗の命を受け、オランダ語を学ぶ。日本初の西洋博物学書『阿蘭陀本草和解』を著した。
  • 吉雄耕牛 - 蘭学医。通詞を勤める一方、オランダ商館付外科医たちから洋方医学を学び、吉雄流外科といわれる一派を興した。良沢、玄白、源内らを門下生に持つ。
  • 平賀源内 - 本草学者、蘭学者など。油絵(蘭画)や鉱山開発など、西洋の文化、技術を紹介。
  • 杉田玄白 - 蘭学医。『蘭学事始』を著す。
  • 前野良沢 - 蘭学者。「蘭学の化け物」と賞賛され、号を「蘭化」とする。
  • 村上玄水 - 蘭学者。前野・福澤と同じく中津藩出身。解剖学者。日蘭辞書『蘭語訳撰』を刊行。
  • 福澤諭吉 - 蘭学者。再版『蘭学事始』を著す。東京学士会院初代会長。
  • 緒方洪庵 - 蘭学者。私塾・適塾を主宰。
  • 大槻玄沢 - 蘭学者。玄白・良沢の弟子。
  • 川原慶賀 - 洋風画家。シーボルトの日本調査に協力し、シーボルト事件に連座。
  • 司馬江漢 - 蘭学者。「地球全図」を発行する。
  • 稲村三伯 - 蘭学者。日本初の蘭和辞典『ハルマ和解』(波留麻和解)を著す。
  • 西周 - 啓蒙思想家、教育者。オランダ・ライデン大学に留学。
  • 津田真道 - 官僚、啓蒙学者。ライデン大学に留学。
  • 榎本武揚 - 幕臣、政治家。ライデン大学に留学。
  • 広田弘毅 - 外交官、政治家。第32代内閣総理大臣。外交官時代に、オランダ公使を務めた(1927年(昭和2年) - 1930年(昭和5年))。
  • 森銑三 - 歴史学者、書誌学者。『おらんだ正月』を著す。
  • 東郷和彦 - 外交官。駐オランダ特命全権大使を務めた。
  • 渋谷實 - 外交官。駐オランダ特命全権大使(2007年(平成19年)9月 - )。

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ オランダ商館は、1609年慶長14年)に平戸に設置され、1641年寛永18年)の長崎出島への移設を経て、1860年万延元年)に閉鎖された。
  2. ^ 1600年(慶長5年)にオランダ船デ・リーフデ号が現在の大分県臼杵に漂着し、交流開始から400年。
  3. ^ 1858年(安政5年)にオランダとの間で日蘭修好通商条約を締結してから150年。
  4. ^ 1609年(慶長14年)、徳川家康による通商許可証(朱印状)が交付されてから400年。
  5. ^ a b 各国・地域情勢:オランダ王国、外務省。
  6. ^ リーフデ号ほか5隻の商船団は、1598年6月に西回りでアジアに向けてオランダを出発した。リーフデ号は、110名の乗組員のうち、生き残ったのは24名だった。
  7. ^ なお、リーフデ号の船長カーケルナックは、家康から通商許可状を得て、1605年タイのパタニにあったオランダ東インド会社の貿易基地に無事到着し、1609年平戸オランダ商館開設に努めた。
  8. ^ 幕府は銀の大量流出に危惧を抱き、1668年寛文8年)に銀貨輸出を禁じ、金貨に代える。
  9. ^ 従来よりオランダは、競合していたスペインやポルトガルに関する情報を、幕府に随時積極的に提供していた。
  10. ^ (PDF) 通商航海條約 (Report). 日本国外務省. http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/treaty/pdfs/A-S38%282%29-131.pdf 2013年8月18日閲覧。. 
  11. ^ 森田安一編『スイス・ベネルクス史 新版世界各国史』、山川出版社、1998年、 頁。
  12. ^ 内訳は、蘭印軍66,219名、オーストラリア軍4,890名、イギリス軍10,626名、アメリカ軍883名。
  13. ^ 昭和天皇は、このときの思いを込めて、「戦にいたでをうけし諸人のうらむをおもひ深くつつしむ」という短歌を詠んでいる。
  14. ^ アジア女性基金 (2006年2月6日). “聞き取り・オランダ事業ー準備と意義 池田維”. http://www.awf.or.jp/pdf/k0019.pdf 2014年9月29日閲覧。 
  15. ^ http://mainichi.jp/select/world/archive/news/2008/10/25/20081025ddm007030117000c.html
  16. ^ 外交関係の回復に関する書簡について (Report). 日本国外務省. http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/treaty/pdfs/A-S38%282%29-133.pdf 2013年8月19日閲覧。. 
  17. ^ 通商航海条約については、1953年(昭和28年)5月29日に復活の通告、同年8月4日告示(外務省告示第77号)、同年8月29日復活。
  18. ^ 航空業務に関する日本国とオランダ王国との間の協定(1) (Report). 日本国外務省. http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/treaty/pdfs/A-S38%282%29-134_1.pdf 2013年8月19日閲覧。.  航空業務に関する日本国とオランダ王国との間の協定(2) (Report). 日本国外務省. http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/treaty/pdfs/A-S38%282%29-134_2.pdf 2013年8月19日閲覧。. 
  19. ^ a b オランダ国民のある種の私的請求権に関する問題の解決に関する日本国政府とオランダ王国政府との間の議定書 (Report). 日本国外務省. http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/treaty/pdfs/A-S38%282%29-135.pdf 2013年8月19日閲覧。. 
  20. ^ 一部旅券査証の相互免除に関する日本国政府とオランダ王国政府との間の取極(交換公文) (Report). 日本国外務省. http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/treaty/pdfs/A-S38%282%29-136.pdf 2013年8月19日閲覧。. 
  21. ^ 所得に対する租税に関する二重課税の回避のための日本国政府とオランダ王国政府との間の条約(1) (Report). 日本国外務省. http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/treaty/pdfs/A-S45-577_1.pdf 2013年8月19日閲覧。.  所得に対する租税に関する二重課税の回避のための日本国政府とオランダ王国政府との間の条約(2) (Report). 日本国外務省. http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/treaty/pdfs/A-S45-577_2.pdf 2013年8月19日閲覧。. 
  22. ^ 日本国政府とオランダ王国政府との間の文化協定 (Report). 日本国外務省. http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/treaty/pdfs/A-S56-889.pdf 2013年8月19日閲覧。. 
  23. ^ 科学技術における協力に関する日本国政府とオランダ王国政府との間の協定 (Report). 日本国外務省. http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/treaty/pdfs/A-H9-1591.pdf 2013年8月19日閲覧。. 
  24. ^ 社会保障に関する日本国とオランダ王国との間の協定 (Report). 日本国外務省. http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/treaty/pdfs/A-H21-090.pdf 2013年8月19日閲覧。. 
  25. ^ 平成十三年九月十一日のアメリカ合衆国において発生したテロリストによる攻撃等に対応して行われる国際連合憲章の目的達成のための諸外国の活動に対して我が国が実施する措置及び関連する国際連合決議等に基づく人道的措置に関する特別措置法に従って行われるオランダ王国軍隊等への物品等の提供に関する日本国政府とオランダ王国政府との間の交換公文 (Report). 日本国外務省. http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/treaty/pdfs/A-H14_15-052.pdf 2013年8月19日閲覧。. 
  26. ^ この節については、各国・地域における事業内容-オランダ、デジタル記念館・慰安婦問題とアジア女性基金(アジア女性基金)を参照。
  27. ^ 慰安婦問題に対する日本政府の施策、外務省。
  28. ^ 「慰安婦」問題解決へ 8.7院内集会 開かれる [1]

参考文献[編集]

  • 日蘭学会・法政蘭学研究会編 『和蘭風説書集成 (上・下)』、吉川弘文館、1977-79年。
  • 森田安一編 『スイス・ベネルクス史』(新版世界各国史)、山川出版社、1998年。
  • 片桐一男 『江戸のオランダ人 カピタンの江戸参府』、中央公論新社中公新書]、2000年。
  • 片桐一男 『京のオランダ人 阿蘭陀宿海老屋の実態』、吉川弘文館〈歴史文化ライブラリー〉、1998年。
  • 片桐一男 『阿蘭陀通詞今村源右衛門英生 外つ国の言葉をわがものとして』 丸善ライブラリー 1995年
  • 片桐一男編 『日蘭交流史その人・物・情報』 思文閣出版、2002年
  • 倉部誠 『物語オランダ人』、文藝春秋文春新書]、2001年。
  • 児玉幸多編 『日本史年表・地図』、吉川弘文館、2007年(第13版)。
  • 松方冬子 『オランダ風説書と近世日本』、東京大学出版会、2007年。
  • 松方冬子 『オランダ風説書 「鎖国」日本に語られた「世界」』 中央公論新社[中公新書]、2010年。
  • ヴォルフガング・ミヒェル・鳥井裕美子・川嶌眞人共編 『九州の蘭学 越境と交流』 京都:思文閣出版、2009年。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]