日本とバングラデシュの関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本とバングラデシュの関係
バングラデシュと日本の位置を示した地図

バングラデシュ

日本

日本とバングラデシュの関係英語: Japanese-Bangladeshi relations)は1972年2月10日の国交樹立により始まった[1]日本バングラデシュの11番目の輸出貿易相手国となっている。バングラデシュからの輸入額は後発開発途上国からの全輸入額全体の26%を占め、これはカンボジアに次いで2番目の数字である。バングラデシュから日本への主要輸入品目には革製品、既製服、冷凍エビが含まれる[2]。2004年時点で、日本はアメリカ合衆国イギリスマレーシアに次いで4番目の直接投資国となっている。バングラデシュとの関係において日本が政治的な目標とするものには、国際連合安全保障理事会安保理改革への支援、加工品輸出の市場確保などがある。日本はバングラデシュにとって重要な開発援助相手国となっている[3]

2011年時点で、在日バングラデシュ人の数は約9,500人、在バングラデシュ日本人の数は660人となっている[1]

初代バングラデシュ大統領ムジブル・ラフマンの娘のシェイク・ハシナ首相によると、バングラデシュの国旗を制定するときに「父は日本の日の丸を参考にした」とされる[4]

脚注[編集]

  1. ^ a b 二国間関係 - バングラデシュ人民共和国, 日本: 外務省, (2008-03), http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/bangladesh/data.html#05 2013年5月21日閲覧。 
  2. ^ Abdul Matin, Muhammad (2005), “East Asian Security: A Bangladesh Perspective”, in Sisodia, N. S.; Naidu, G. V. C., Changing Security Dynamic in Eastern Asia: Focus on Japan, Bibliophile South Asia, pp. 504–528, ISBN 81-86019-52-9 
  3. ^ Ashrafur Rahman, Syed (2005-12), “Japan's Political and Economic Goals in Bangladesh”, Asian Affairs 27 (4): 41–50, http://www.cdrb.org/journal/2005/4/3.pdf 2013年5月21日閲覧。 
  4. ^ 清水憲司 (2014年5月27日). “バングラデシュ首相:日の丸参考に国旗…親日アピール”. 毎日新聞. http://mainichi.jp/select/news/20140528k0000m030031000c.html 2014年5月29日閲覧。 

参考文献[編集]

  • Biśvāsa, Sukumāra (2005), Japan-Bangladesh Relations, 1972-1990, Mowla Brothers, ISBN 984-410-435-1 

外部リンク[編集]