日本とベネズエラの関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日委関係
ベネズエラと日本の位置を示した地図

ベネズエラ

日本

日委関係 (にちいかんけい) とは、日本ベネズエラの間の国際関係である。両国の公的な外交関係が樹立されたのは1938年だった。ベネズエラは連合国側に付き、日本(と他の枢軸国)との関係を、日本が真珠湾を攻撃した直後の1941年12月に破棄した[1]1951年サンフランシスコ講和条約に調印したことにより、翌年国交を回復した。

1999年には、ベネズエラ大統領ウーゴ・チャベスが3日間の日本外遊を行った。彼は2009年にも2日間の日本外遊を行い、内閣総理大臣の麻生太郎と会談した。

現在の日本にとってはベネズエラは原料供給国として重要な位置づけで、原油、鉄鉱石、アルミニウムやカカオなどの輸入を行っている。ベネズエラにとっては自動車を主力とした機械類の輸入を行っており、重要な貿易相手国となっている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]

関連項目[編集]