日伊関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日伊関係
イタリアと日本の位置を示した地図

イタリア

日本

日伊関係(にちいかんけい)では、日本国イタリアの関係について述べる。

前史[編集]

日本について最初に言及したイタリア人は、ジェノヴァ共和国の商人マルコ・ポーロであるとされている。彼はその著書『東方見聞録』において、『ジパング(Zipangu)』の記述を行っており、これが日本を指したものだと言われている。

日本とイタリア人の接触が最初に行われたのは戦国時代であり、主にキリスト教宣教師を通じてのことであった。日本で活躍したイタリア人宣教師はイエズス会グネッキ・ソルディ・オルガンティノアレッサンドロ・ヴァリニャーノが知られる。1582年(天正10年)には九州戦国大名が4人の少年使節をローマ教皇の元に派遣した天正遣欧少年使節)。

その後、日本は禁教令を敷いて鎖国にはいるが、1643年寛永20年)にジュゼッペ・キアラ1708年(宝永5年)にはジョヴァンニ・バッティスタ・シドッティといたイタリア人宣教師が密入国し、捕らえられている。

近代[編集]

日本が開国し、イタリア統一運動によってイタリア王国が成立すると、日本とイタリアの外交関係は本格的に開始された。1866年8月に日伊修好条約が締結され、1867年3月31日に最初の公使ヴィットリオ・サリエール・デ・ラ・トゥールが着任した。この時期、日本の輸出品の主力の一つが蚕紙であり、総輸出量の4分の3がイタリアに売却されていた[1]1872年に岩倉使節団がローマを訪問し、国王に拝謁している。その後大きな問題は起こらず、1900年の義和団の乱、1914年の第一次世界大戦をともに戦ったが、相互に重なる利害関係は薄く、関係は濃厚であるとは言えなかった[2]

ベニート・ムッソリーニファシスト政権が成立して以降もその傾向は変わらなかった。一方で日本におけるムッソリーニに対する関心は高まり、児童文学・演劇などでムッソリーニを扱うものが多数現れた[3]。しかし1931年満州事変に際して、イタリアが日本の行動を非難する国際連盟リットン報告に賛成した後、イタリアは中国大陸に関心を持つようになる。イタリアは中華民国政府に軍事援助を開始し、日本政府の不興を買った[4]。また1940年のオリンピックには東京とともにローマも候補に挙がっていた。ムッソリーニは一時東京に譲歩する意図を発表したが、ローマは再度立候補した。これは日本国内で「イタリーの寝返り」と不評であった[5]東京オリンピック)。

1935年第二次エチオピア戦争エチオピア帝国ファシスタイタリアに敗北し、イタリア東アフリカ帝国が建設された2年後の1937年11月に、ナチス・ドイツと共に締結された日独伊防共協定を記念する日本絵葉書。日独伊は「仲よし三國」と書かれている。

1934年ワルワル事件によってイタリアによるエチオピア侵略の意図が明らかになると、両国関係は新たな局面を見せ始めた。日本はエチオピア帝国にとって重要な貿易相手であり、イタリア国内にはエチオピアへの日本進出を警戒する動きもあった[6]。1935年7月15日、杉村陽太郎駐伊大使が「日本はエチオピアに政治的関心を持たない」と声明した。日本外務省はこのような指示を出したことはないと釈明したが、この事は日伊間での外交懸案となった。日本国内では頭山満が代表を務め衆議院貴族院議員も参加した「エチオピア問題懇談会」がイタリア軍撤退を要求するなど、エチオピアに同情する世論が高まった。またイタリア側でも日本の介入を警戒する反日世論が高まった[7]。しかし日本政府は中立・不介入の立場を取り、またイタリアも侵攻(第二次エチオピア戦争)後にあったイギリス・フランスとの関係悪化により、日本と接近する動きを見せ始めた。

1937年11月、イタリアが日独防共協定に参加(日独伊防共協定)し、後の枢軸国の元となる三国関係が成立した。1938年には白鳥敏夫がイタリア大使になり、日独伊三国の連携を目指して強力に働きかけた。1940年には日独伊三国同盟が成立し、その後第二次世界大戦を戦った。しかし1943年にイタリア王国でムッソリーニが失脚、連合国と休戦すると日本はイタリア王国とは断交し、ムッソリーニのイタリア社会共和国を正統な政権として扱った。イタリア王国は1945年7月14日、日本に対して正式に宣戦布告した[8]

戦後[編集]

1951年に交わされた「日本国とイタリアとの間の外交関係の回復に関する交換公文」により、日本国との平和条約の発効日(1952年4月28日)に戦争状態を終結させ、外交関係を再開することが合意された。これに基づいて11月15日には在ローマ在外事務所が開設され、条約発効とともに大使館に昇格した。以降、両国は西側諸国主要国首脳会議のメンバーとして良好な関係を築いている。

文化史[編集]

1930年4月から5月にかけてはローマで大規模な日本美術展が開催され、ローマ展として知られている。その後も美術館ヴェネツィア・ビエンナーレなどを通じ、日伊双方の美術・芸術作品の交流は続けられている。

イタリア料理も戦後以降レストランや家庭に広まり、バブル期には「イタメシ(イタリアンレストラン)」ブームが起こった。

脚注[編集]

  1. ^ アントニオ(2007:56)
  2. ^ 岡(1989:845)
  3. ^ 1928年には沢田謙「ムッソリニ伝」など、ムッソリーニ関連の伝記が複数刊行されている。また主な演劇として宝塚国民座「現代劇 世界の威傑ムッソリーニ」、小山内薫脚本「ムツソリニ」など。山崎(2006)
  4. ^ 岡(1989:846-847)
  5. ^ 岡(1989:847-850)
  6. ^ 岡(1989:852-856)
  7. ^ 岡(1989:864-866)
  8. ^ Doody, Richard. "Chronology of World War II Diplomacy 1939 - 1945". The World at War worldatwar.net. Retrieved 2008-08-14.

参考文献[編集]

関連項目[編集]