オート・メラーラ 76 mm 砲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

オート・メラーラ 76 mm 砲(Oto Melara 76 mm gun)は、イタリアオート・メラーラ社が開発した艦砲。その優れた性能から、開発国イタリアはもちろん、日本アメリカ合衆国など世界40ヶ国以上で用いられている。

現在までに3タイプが発表されているが、とくにコンパクトスーパーラピッドは、高い速射力と追尾能力をもち、対空・対水上に使用できる高性能な両用砲でありながら、きわめてコンパクトに収められている。

MMI[編集]

オート・メラーラ 76 mm 砲 MMI
76mm MMI.jpg
種類 艦砲
原開発国 イタリアの旗 イタリア
運用史
配備期間 1962年-就役中
配備先  イタリア海軍
開発史
開発者 オート・メラーラ
開発期間 1958年
製造業者 オート・メラーラ
製造期間 1962年
製造数 84基
諸元
重量 12,000kg

砲弾 76 mm×636mmR
口径 76mm口径/62口径長
銃砲身 単装
発射速度 55-65発/分
初速 900m/s
最大射程 18,400m
装填方式 弾倉方式

オート・メラーラ社が最初に実用化した76ミリ62口径砲はMMIアラーガトMarina Marittimo Italiana Allargato)と呼ばれるものであった。これは先行して試作された連装砲であるSMP3 ソヴラポストSovrapposto)の改良型として、1958年より開発が開始され、1962年から生産に入った。これは輸出されることはなかったが、ヴィットリオ・ヴェネトアンドレア・ドーリア級ヘリコプター巡洋艦カシオペア級哨戒艦に搭載され、1960年代から1970年代にかけてイタリア海軍の主力対空砲として使用された。

現在では、搭載艦の退役に伴って姿を消しつつあり、ごく少数が残るのみとなっている。

採用国と搭載クラス[編集]

 イタリア海軍


コンパクト(コンパット)砲とスーパー・ラピッド砲[編集]

在来型砲塔(「ちくま」搭載のコンパクト砲)
 
ステルス型砲塔(「フリチョフ・ナンセン」搭載のスーパー・ラピッド砲)

MMIの開発で得たノウハウを生かして開発された、オート・メラーラ社第2世代の62口径76ミリ砲がコンパクト砲(イタリア語ではコンパット)である。1964年より開始された開発は1967年に完了し、1969年より量産に入ったが、優れた性能から、たちまちにベストセラーとなった。この砲の特徴は以下のようなものである。

  1. 小型艦艇にも適応できる軽量さ - 従来比37.5%減(MMIとの比較)
  2. 高い発射速度 - 従来比23.5%増(同上)
  3. 多数の即応弾 - 回転式弾倉に80発を収納
  4. 高い追尾速度
  5. 砲塔の無人化

軽量さに関しては、この砲の最初の搭載例であるスパルヴィエロ級ミサイル艇が証してくれるであろう。これは日本1号型ミサイル艇のタイプシップであり、基準排水量わずか62トンという小艇であるにも関わらず、主兵装となるオトマート対艦ミサイルに加えてコンパクト砲1門を装備している。

シールドは球形のFRP製で、防御用というよりは風雨避けとしての性格が強い。完全気密構造で、通常、内部に砲員は配置されないが、後部には大型の点検ハッチがあり、また、非常時には砲側での射撃指揮も可能なように設定することもできる。給弾装置と弾倉は甲板下に設置されており、ここに給弾手3名と射手1名の計4名が配置される。使用する砲弾は、従来のアメリカ製Mk 33 3インチ砲と同様の、装薬と弾丸が一体化したものである。装填装置は従来のものより軽量化されつつも、確実に動作するものになっている。

その後、給弾方式の変更によって発射速度をさらに向上したモデルが開発され、スーパー・ラピッド砲として発表された。これらは外見上はほとんど差が無いが、スーパー・ラピッド砲では機構が複雑になっていることもあり、コンパクト砲の生産も並行して継続されている。日本はコンパクト砲を62口径76ミリ速射砲として制式採用しており、日本製鋼所ライセンス生産されている。また、アメリカ軍でもMk.75として採用された。

近年になってレーダー反射断面積を抑えることでステルス性を高めた砲塔が開発され、日本のはやぶさ型ミサイル艇ノルウェーフリチョフ・ナンセン級フリゲートで採用された。

諸元・性能[編集]

はつゆき型護衛艦装備の76mm砲

出典: BAE SYSTEMS (2013年1月8日). “Italy 76 mm/62 (3") Compact, SR and USA 76 mm/62 (3") Mark 75” (英語). 2013年8月19日閲覧。
Diehl (2009年). “Cartridges 76mm x 636 for all Types of OTO Melara Guns 76mm L/62 (PDF)” (英語). 2013年8月19日閲覧。

諸元

性能

  • 俯仰角: -15°/+85°
    俯仰速度:35°/s
  • 旋回角: 全周
    旋回速度:60°/s
  • 薬室圧力: 3,600bar(21℃)
  • 砲口初速: 915m/s(21℃:通常弾), 1,200m/s(DART)
  • 有効射程: 16,000m(通常弾), 20,000m(SAPOMER), 40,000m(Vulcano), 5,000m(DART)
  • 最大射程: 18,400m(通常弾)
  • 最大射高: 11,500m(通常弾)
  • 発射速度: コンパクト砲:85発/分(100発/分まで向上可能)
    SR砲:120発/分

砲弾・装薬

  • 弾薬: 完全弾薬筒(76.2×636mm)
  • 砲弾: 榴弾, 調整破片榴弾, SAPOMER(射程延長型半徹甲弾), Vulcano(対地誘導砲弾), DART(対空誘導砲弾)など

運用史

  • 開発国: イタリアの旗 イタリア
  • 生産期間: コンパクト砲:1969年-
    SR砲:1988年-


採用国と搭載クラス[編集]

 アメリカ海軍

 アメリカ沿岸警備隊

 アラブ首長国連邦海軍

 イスラエル海軍

 イタリア海軍

 インド海軍

インド沿岸警備隊旗
インド沿岸警備隊

 オーストラリア海軍

 オランダ海軍

 カナダ海軍

 韓国海軍

 ギリシャ海軍

 サウジアラビア海軍

 シンガポール海軍

 スペイン海軍

 台湾海軍

 チリ海軍

 ドイツ海軍

 トルコ海軍

Naval Ensign of Japan.svg 海上自衛隊

 ノルウェー海軍

 バングラデシュ海軍

 フィリピン海軍

 フランス海軍

 マレーシア海軍

 南アフリカ海軍

 ミャンマー海軍

 ルーマニア海軍


登場作品[編集]

沈黙の艦隊
 海上自衛隊の護衛艦隊が、アメリカ海軍が発射したハープーン を迎撃するために使用する。
亡国のイージス
 映画版で架空の護衛艦うらかぜ役で登場したむらさめ型護衛艦7番艦いかづち(原作ではたちかぜ型護衛艦)に装備されハープーン の迎撃に使用された。
ゴジラvsビオランテ』・『ゴジラvsモスラ』・『ゴジラvsスペースゴジラ』・『ゴジラvsデストロイア』・『ゴジラ×メカゴジラ
 それぞれに登場するはつゆき型汎用護衛艦あさぎり型汎用護衛艦に装備されていた。
ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS
 登場する架空の護衛艦DD-147「あいづ」(『ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃』で使用した巡洋艦「あいづ」のプロップを改装したもの)が東京に向かうゴジラに対して使用。

参考文献[編集]

  • 自衛隊装備年鑑(朝雲新聞社刊)
  • 梅野 和夫 『世界の艦載兵器 砲熕兵器篇』 光人社2007年、183-186頁および245-248頁。ISBN 978-4769813590
  • 野木 恵一「イタリア製艦載兵器オンパレード」、『世界の艦船』第365号、海人社、1986年6月、 110-111頁。
  • 野木 恵一『世界の艦船 別冊 艦載兵器ハンドブック 改訂第2版』、海人社、2002年1月、 98-99頁、 共通雑誌コード 1105604011205。

外部リンク[編集]