AK-176 (両用砲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
AK-176 (両用砲)
Hiddensee AK-176 gun.jpg
ミサイル艇ヒデンゼーの搭載するAK-176M両用砲
種類 艦砲
原開発国 ロシアの旗 ロシア
運用史
配備期間 就役中
配備先 採用国と搭載クラスを参照
開発史
派生型 AK-176
AK-176M
諸元
重量 10,290 kg
11,200 kg(砲弾除く)
13,100 kg(即応弾含む)
要員数 砲塔内は無人

砲弾 6.8 kg
口径 76.2 mm口径 / 60口径長
銃砲身 単装
仰角 -15°/+85°
俯仰速度:30°/s
旋回角 360°
旋回速度: 35°/s
発射速度 最大120 発/分
初速 980 m/s
最大射程 15,700m
最大射高 11,000m
装填方式 弾倉方式、即応弾175発
照準 FCSによる方位盤射撃(緊急時には砲側照準可能)

AK-176 76mm単装速射砲 (: AK-176 76 mm gun) は、ソビエト連邦が開発した艦砲である。57mm連装砲AK-725の後継として1970年代中頃から運用を始め、ソ連海軍ミサイル艇警備艦を中心に搭載された。現在もロシア海軍のミサイル艇や警備艦を中心に多くの艦艇に搭載されている。

概要[編集]

単装砲ながら従来の連装砲以上の発射速度(最大毎分120発)を誇る。オート・メラーラ 76 mm 砲に匹敵する高い速射力と追尾能力をもち、対空・対水上に使用できる高性能な両用砲であり、比較的コンパクトに収められている。高い発射速度を維持するため、砲身は水冷式となっている。

発射速度は毎分30発、60発、120発の中から選択できる。同砲は主としてMR-123ヴィーンペル(Vympel)または、MR-123-02コラル(Koral) FCSにより管制されるが必要に応じて砲側での射撃指揮も可能なようになっている。

なお、本砲の改良型としてAK-176Mがある。また、ステルス性に配慮したシールドを採用した改良型AK-176M1が提案されているが、現時点で採用は確認されていない。

H/PJ-26[編集]

H/PJ26は、中国で開発されたコピー版である。ロシアから購入したAK-176Mを参考に国産化を図った。独自にステルス性に配慮したシールドを採用しており、開発国の中国に加え、パキスタンやバングラデシュなどで採用されている。

AK-176搭載のアルジェリア海軍ジュベル・シェヌア級コルベット
カシュブ搭載のAK-176
ズルフィカル級フリゲート搭載のH/PJ26


採用国と搭載クラス[編集]

現役艦艇及び退役艦艇一覧

ロシア及びヨーロッパ

アジア及びアフリカ、南北アメリカ


関連項目[編集]

外部リンク[編集]