ミネルヴァ級コルベット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミネルヴァ級コルベット
Urania F552.jpg
艦級概観
種別 コルベット
艦名 ウラーニア
建造者 {{{建造者}}}
運用者 {{{運用者}}}
建造期間 {{{建造期間}}}
就役期間 1986年 - 現在
同型艦 {{{同型艦}}}
前級 アルバトロス級
ピエトロ・ディ・クリストファロ級
次級
主要諸元
排水量 満載: 1,285t
総トン数 {{{総トン数}}}
全長 87m
全幅 10.5m
吃水 3.2m
深さ {{{深さ}}}
機関 GMT BM-230-20DVM ディーゼル×2基(11,000hp; 8,088 kW)
機関出力 {{{機関出力}}}
電力 {{{電力}}}
速力 25kt
燃料 {{{燃料}}}
航続距離 3,500 nmi / 18 kt
潜航深度 {{{潜航深度}}}
乗員 120名
搭載量 {{{搭載量}}}
装甲 {{{装甲}}}
兵装 76mm単装速射砲×1基
アルバトロスPDMS 8連装発射機×1基
Mk.32 3連装短魚雷発射管×2基
搭載機 {{{艦載機}}}
搭載総数 {{{総艦載機数}}}
搭載艇 {{{艦載艇}}}
C4ISTAR IPN-10 (Mini-SADOC) + リンク 11
レーダー SPS-774 低空警戒/対水上
・ SMA SPS-728 航法
・ SPG-75 (RTN 30X) 砲/ミサイル射撃指揮
ソナー DE-1167船底装備
電子戦
対抗手段
{{{電子戦}}}
特殊装備 {{{特殊装備}}}
その他 {{{その他}}}

ミネルヴァ級コルベットイタリア語: corvette classe minerva)は、イタリア海軍で運用されているコルベットの艦級。1987年から1991年にかけて全部で8隻就役した。主として哨戒任務に用いられている。

概要[編集]

本級は、1950年代のコルベットであったアルバトロス級およびピエトロ・ディ・クリストファロ級各4隻を代替するものとして開発された。当初は、4隻ずつを3グループ、合計12隻を建造する計画であり、第1グループは1982年に発注された。しかし、予算上の問題から第3グループの発注は行なわれずに終わった。

本級の任務は、シチリア島周辺など戦略的に重要な海域を哨戒することであり、また平時には排他的経済水域の警備や乗員の訓練に用いられる。沿岸域を主たる作戦海面として想定しており、強力な航空脅威が想定されることから、1,200トン級という小型の艦であるにもかかわらず、アルバトロス個艦防空ミサイル・システムを搭載している。その一方、哨戒を主任務とすることから対水上火力は貧弱であるが、必要に応じてテセオ艦対艦ミサイルの追加装備が可能とされている。このために前後の上部構造物はやや離されており、また砲やPDMSは射界を確保するため前後に離して設置されていて、アルバトロス級などが上部構造物や兵装を艦の中央部にまとめていたのと対照的となっている。


同型艦
艦番号 艦名 就役
F-551 ミネルヴァ(Minerva 1986年2月28日
F-552 ウラーニア(Urania 1986年
F-553 ダナイデ(Danaide 1987年9月
F-554 スフィンジェ(Sfinge 1988年2月13日
F-555 ドリアーデ(Driade 1990年
F-556 キメラ(Chimera 1991年
F-557 フィニーチェ(Fenice 1991年
F-558 シビッラ(Sibilla 1991年4月

参考文献[編集]

  • SPG Media Limited. (2009年). “Minerva Class Corvette, Italy” (英語). 2009年11月15日閲覧。
  • 鈴木昌「イタリア海軍の艦艇新造計画をさぐる」、『世界の艦船』第365集、海人社、1986年6月、 80-87頁。