はまゆき (護衛艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
JS Hamayuki (DD-126) at Maizuru 01.jpg
舞鶴基地に停泊中の「はまゆき」
艦歴
発注 1979年
起工 1981年2月4日
進水 1982年5月27日
就役 1983年11月18日
除籍 2012年3月14日
主要諸元
艦種 汎用護衛艦(DD)
艦級 はつゆき型護衛艦
排水量 基準 2,994 トン
全長 130m
全幅 13.6m
吃水 4.19m
機関 川崎ロールス・ロイス オリンパスTM3Bガスタービン 2基
川崎RRタインRM1C 2基
2軸推進、45,000PS
速力 29.7ノット
乗員 200名
兵装 62口径76mm単装速射砲 1門
Mk.15 mod.2 高性能20mm機関砲 2基
Mk.29 シースパロー短SAM 8連装発射機 1基
ハープーンSSM 4連装発射筒 2基
74式アスロック8連装発射機 1基
68式324mm3連装短魚雷発射管 2基
曳航式デコイ
艦載機 HSS-2B/SH-60Jヘリコプター 1機
C4I OYQ-5 TDS
81式射撃指揮装置2型-21/12A
SFCS-6A水中攻撃指揮装置
レーダー OPS-14B対空レーダー
OPS-18-1水上レーダー
ソナー OQS-4ソナー
電子戦
対抗手段
NOLR-6B ESM+OLT-3 ECM
Mk.137チャフ発射機 2基
テンプレートを表示

はまゆきローマ字JS Hamayuki, DD-126)は、海上自衛隊護衛艦はつゆき型護衛艦の5番艦。 「はまゆき」の名は「浜に降る雪」に由来する。なお、艦艇名としては旧海軍通して初の命名である。

艦歴[編集]

「はまゆき」は、昭和54年度計画2,900トン護衛艦2214号艦として、三井造船玉野事業所で建造され、1981年2月4日起工、1982年5月27日進水、1983年11月18日に就役の後に第2護衛隊群に直轄艦として編入され、佐世保に配備された。

1984年1月26日、「みねゆき」が就役し、同日付で第2護衛隊群隷下に第42護衛隊が新編され、ともに編入された。

1986年環太平洋合同演習 (RIMPAC) に参加。

1990年3月6日、第42護衛隊が第3護衛隊群隷下に編成替えとなり、舞鶴に転籍。

同年環太平洋合同演習 (RIMPAC) に参加。

1993年、遠洋練習航海に参加。

1997年3月24日、隊番号の改正により第42護衛隊が第3護衛隊に改称。

2001年、航空無事故1万6000回達成の功績により、2級賞状を授与される。

2003年、遠洋練習航海に参加。

2006年2月16日舞鶴地方隊第24護衛隊に編入。

2008年3月26日、護衛隊改編により、護衛艦隊第14護衛隊に編入。

2012年3月14日、除籍。 就役期間通しての総航程は約140万キロ、総航海時間は約6万2000時間だった。

2013年3月ジャパンマリンユナイテッド舞鶴事業所にて標的艦改造を受けた。艦首側から艦尾にかけて10mおきに区切った1から13の番号と白及びオレンジ色の塗装が施され、艦上には的や熱源用ドラム缶等が設置された。

2013年10月5日、実弾射撃訓練による射撃処分のため北吸岸壁を離れた。訓練は6日から11日まで若狭湾北方海域で行われ、護衛艦5隻と哨戒機2機による射撃や爆弾投下などの標的となった。[1]

歴代艦長[編集]

歴代艦長(特記ない限り2等海佐
氏名 在任期間 出身校・期 前職 後職 備考
木村 威 1983.11.18 -         1等海佐 
  由岐中一生 2001.3.23 - 2003.3.31         
  中筋 篤 2003.10.20 - 2005.3.24       
  梶元大介 2005.3.25 - 2006.3.23       
  恒益俊春 2006.3.24 - 2007.3.25      たかなみ艦長 
  久保健昭 2007.3.26 - 2008.8.9       
  金子純一 2008.8.11 - 2009.8.2      
  山口正之 2008.8.11 - 2010.8.16     いなづま艦長 
  菊地良勝 2010.8.17 - 2012.3.14         

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 石橋孝夫『海上自衛隊全艦船 1952-2002』(並木書房、2002年)
  • 世界の艦船 増刊第66集 海上自衛隊全艦艇史』(海人社、2004年)
  • 『世界の艦船』第750号(海人社、2011年11月号)

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、護衛艦はまゆきに関するカテゴリがあります。