せとゆき (練習艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
せとゆき (護衛艦)から転送)
移動: 案内検索
Setoyuki.jpg
艦歴
建造者 {{{建造者}}}
運用者 {{{運用者}}}
計画 {{{計画}}}
発注 1982年
起工 1984年1月16日
進水 1985年7月3日
竣工 {{{竣工}}}
就役 1986年12月11日
2012年3月14日(練習艦に転籍)
退役
除籍 {{{除籍}}}
除籍後 {{{除籍後}}}
その後
母港 {{{母港}}}
主要諸元
艦種 練習艦
艦級 しまゆき型練習艦
排水量 基準 2,950 トン
全長 130m
全幅 13.6m
深さ {{{深さ}}}
高さ {{{高さ}}}
吃水 4.13m
機関 川崎ロールス・ロイス オリンパスTM3Bガスタービン 2基
川崎RRタインRM1C 2基
2軸推進、45,000PS
機関出力 {{{機関出力}}}
速力 29.7ノット
燃料 {{{燃料}}}
航続距離 {{{航続距離}}}
潜航限界深度 {{{潜航限界深度}}}
乗員 200名
搭載量 {{{搭載量}}}
兵装 62口径76mm単装速射砲 1門
Mk.15 mod.2 高性能20mm機関砲 2基
GMLS-3A シースパロー短SAM 8連装発射機 1基
ハープーンSSM 4連装発射筒 2基
74式C アスロック8連装発射機 1基
68式C 324mm3連装短魚雷発射管 2基
曳航式デコイ
艦載艇 {{{艦載艇}}}
艦載機 {{{航空機}}}
艦載機 ヘリコプター甲板のみ(格納庫内に講堂設置のため)
搭載総数 {{{総搭載機数}}}
飛行甲板 {{{飛行甲板}}}
C4I OYQ-5 TDS
81式射撃指揮装置2型-21/12A
SFCS-6A水中攻撃指揮装置
レーダー OPS-14B対空レーダー
OPS-18-1水上レーダー
ソナー OQS-4ソナー
探索装置・
その他装置
{{{探索装置}}}
電子戦
対抗手段
NOLR-6B ESM+OLT-3 ECM
Mk.137チャフ発射機 2基
愛称 {{{愛称}}}
モットー {{{モットー}}}
その他 {{{その他}}}
JS Setoyuki (DD-131).jpg
練習艦となった後のせとゆき

せとゆきローマ字JS Setoyuki, TV-3518DD-131)は、海上自衛隊練習艦はつゆき型護衛艦の10番艦。現在はしまゆき型練習艦の3番艦。

艦歴[編集]

「せとゆき」は、中期業務見積もりに基づく昭和57年度計画2,900トン型護衛艦2219号艦として、三井造船玉野事業所で建造され、1984年1月16日起工、1985年7月3日進水、1986年12月11日に就役の後に第2護衛隊群第42護衛隊に配属され、佐世保に配備された。

1988年3月17日第3護衛隊群第45護衛隊に編入。

1988年1990年1995年、遠洋練習航海に参加した。

1997年3月24日、隊番号の改正により第45護衛隊が第7護衛隊に変更となる。

1998年3月20日第4護衛隊群第4護衛隊に編入された。

1999年8月2日から4日にかけて護衛艦「しらね」、「とね」とともに韓国釜山を訪問、4日から5日にかけて東支那海において初の日韓共同訓練を実施した。

2000年3月21日、第4護衛隊群第8護衛隊に編入され、定係港もに転籍となる。

2002年3月6日呉地方隊第22護衛隊に編入。

2008年3月26日、護衛隊改編により護衛艦隊第12護衛隊へ編入された。

2010年6月3日和歌山県串本町の樫野埼沖にてエルトゥールル号遭難事件から120年目にあたる日に洋上追悼式を執り行う。参加者には在日本・トルコ大使のセルメット・アタジャンル、トルコ軍楽隊、オスマン・パシャのひ孫のオスマン・ケマル・テキタシュ夫妻のほか寬仁親王彬子女王仁坂吉伸和歌山県知事や田嶋勝正串本町長などが参列する[1]。 自衛艦で皇室・対外王室に対してのお召し艦となった戦後初めての艦と成った。

2012年3月14日練習艦に種別変更され、練習艦隊第1練習隊に編入された。

平成23年度予算にて、5年間の延命予算が要求された[2]

2013年3月22日、練習艦としては海上自衛隊初となる女性艦長が練習艦「TV-3513 しまゆき」と同じく着任する[3]

現在、定係港はである。

歴代艦長[編集]

歴代艦長(特記ない限り2等海佐
氏名 在任期間 出身校・期 前職 後職 備考
1 堀内洋治 1986.12.11 - 1988.1.11
2 山中嘉勝 1988.1.12 - 1989.2.23
3 稲田 悟 1989.2.24 - 1991.7.19
4 辻 一敏 1991.7.20 - 1992.12.20
5 中塚久雄 1992.12.21 - 1994.3.22
6 山本典昭 1994.3.23 - 1996.3.21
7 大竹直明 1996.3.22 - 1997.8.10
8 溝部 宏 1997.8.11 - 1998.12.20
9 村田隆齊 1998.12.21 - 1999.12.23
10 井上秀樹 1999.12.24 - 2001.3.22
11 星山良一 2001.3.23 - 2002.3.24    
12 三浦昌伸 2002.3.25 - 2003.3.26    
13 中畑康樹 2003.3.27 - 2004.3.25    
14 大仲和弘 2004.3.26 - 2005.5.9 いなづま艦長
15 永井一成 2005.5.10 - 2006.8.20    
16 小澤 豊 2006.8.21 - 2007.8.9 むらさめ艦長 
17 鈴木雅博 2007.8.10 - 2008.12.16    
18 伊保貴史 2008.12.17 - 2010.3.24         
19 遠藤昭彦 2010.3.25 - 2011.3.24    
20 沢田俊彦 2011.3.25 - 2012.3.22     2011.7.1、1等海佐に昇任
21 上野喜之 2012.3.23 - 2013.3.21    幹部学校 2012.7.1、1等海佐に昇任
22 東 良子 2013.3.22- 防衛大学校・40期(女子1期)       

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 石橋孝夫『海上自衛隊全艦船 1952-2002』(並木書房、2002年)
  • 世界の艦船 増刊第66集 海上自衛隊全艦艇史』(海人社、2004年)
  • 『世界の艦船』第750号(海人社、2011年11月号)

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、護衛艦せとゆきに関するカテゴリがあります。