OPS-14

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
OPS-14
JS Setoyuki(TV-3518) OPS-14B in Tenpouzan Port 140323-01.JPG
せとゆき」の搭載機。
開発・運用史
開発国 日本の旗 日本
就役年 1971年(昭和46年)
送信機
周波数 Lバンド[1]
送信尖頭電力 ピーク時: 400kW
アンテナ
形式 コセカント2乗特性アンテナ
ビーム幅 水平5度、垂直30度
探知性能
探知距離 200 km (110 nmi)以上

OPS-14は、三菱電機製の2次元レーダー[1]。主として海上自衛隊自衛艦において、対空捜索レーダーとして搭載される[1]

なお、本機を含めた海上自衛隊の電子機器の型番はアメリカ軍軍用電子機器の命名規則におおむね基づいているが、一文字目のみは、米軍式では「S」がつけられるべきところを、「お船」(Ofune)ないし「艦載用」(On Board)を捩った「O」とされている。本機の場合は、水上船舶搭載のレーダー、探知用/距離方位測定用/捜索用ということになる。

概要[編集]

背面からの写真。

1950年代初頭、日本でははるかぜ型護衛艦(28DD)への搭載用として、アメリカ合衆国より軍事援助計画(MAP)に基づいてAN/SPS-6を入手し、これをもとに国産化したOPS-1を開発して、初代あきづき型護衛艦などに搭載していた。またあやなみ型護衛艦(30DDK)ではAN/SPS-6の改良型であるAN/SPS-12が搭載され、この技術ものちにOPS-1にバックフィットされた。さらにのちには、いすず型護衛艦(34DE)に搭載するため、送受信機は同一でアンテナを小型化したOPS-2も開発された。PV-2を目標とした場合の最大探知距離は、OPS-2で50海里 (93 km)であった。本機は、このOPS-1/2ファミリーを発展させて開発された。

オール・トランジスタ化されており、またアンテナとしては、典型的なコセカント2乗特性パラボラアンテナを採用している。ECCM性向上のため周波数アジリティ方式も導入された。搭載は1967年(昭和42年)度計画艦より開始され、その初採用例はちくご型護衛艦(42DE)となった。1973年(昭和48年)度計画艦からは、移動目標検出(MTI)技術を導入してクラッター抑圧性能を強化したOPS-14Bに切り替えられている。また発振器としては、従来はマグネトロンが用いられていたが、OPS-14Cではパルス圧縮技術の導入に伴いクリストロンに変更され、これによりECCM能力などが強化された。

1985年(昭和60年)度計画以降で建造された艦では、甲型警備艦(DD)の対空レーダーは新型の3次元レーダーであるOPS-24に切り替えられた。しかしそれ以降も、乙型警備艦(DE)やその他警備艦、補助艦への搭載は継続されている。また変わったところでは、海上保安庁プルトニウム運搬船護衛用のヘリコプター2機搭載型巡視船として1990年(平成2年)度予算で建造した「しきしま」においても、本機種が搭載されている[1]

搭載艦船[編集]

いそゆき」での搭載要領。

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 自衛隊装備年鑑 2006-2007,朝雲新聞社,P367,ISBN 4-7509-1027-9

関連項目[編集]

  • AN/SPS-49 - アメリカ製の同級機
  • LW-08 - オランダ製の同級機
  • RAN-3L - イタリア製の同級機

外部リンク[編集]

  • ウィキメディア・コモンズには、OPS-14に関するカテゴリがあります。
  • 対空レーダー OPS-14 - ギャラリーらいとういんぐ