はたかぜ型護衛艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
はたかぜ型護衛艦
平成22年度 日米共同統合演習における「はたかぜ」
DDG-171 はたかぜ
艦級概観
艦種 ミサイル護衛艦(ミサイル駆逐艦
建造期間 1983年 - 1987年
就役期間 1986年 - 就役中
前級 DDG:たちかぜ型護衛艦
次級 DDG:こんごう型護衛艦
性能諸元
排水量 基準:4,600トン(2番艦は50トン増)
満載:5,900トン(2番艦は50トン増)
全長 150m
全幅 16.4m
吃水 4.8m
深さ 9.8m
機関 COGAG方式(72,000ps)
TM3Bガスタービンエンジン 2基
SM1Aガスタービンエンジン 2基
推進機 2軸
速力 最大30ノット
乗員 260人
兵装 73式54口径5インチ単装速射砲 2基
高性能20mm機関砲CIWS 2基
Mk.13 mod.3 ミサイル単装発射機
スタンダード SAM用)
1基
ハープーンSSM 4連装発射機 2基
74式アスロックSUM8連装発射機 1基
68式3連装短魚雷発射管 2基
C4I MOFシステムSUPERBIRD B2衛星通信)
海軍戦術情報システム
OYQ-4-1 TDSリンク 11/14
Mk.74 mod.13 ミサイルFCS 2基
81式射撃指揮装置2型-21C(主砲用) 2基
SFCS-6A水中FCS 1基
レーダー SPS-52C 三次元式
OPS-11C 対空用
OPS-28B 対水上用
ソナー OQS-4 艦首装備式
電子戦
対抗手段
ESM/ECM:NOLQ-1-3
RWR: OLR-9B
Mk.137チャフフレア発射機 4基

はたかぜ型護衛艦(はたかぜがたごえいかん、JMSDF DDG HATAKAZE class)は、海上自衛隊たちかぜ型(46DDG)に続いて建造された第三世代ミサイル搭載護衛艦(DDG)である[1]

概要[編集]

本型は世代的には第三世代と言えるのだが、装備面はたちかぜ型(46DDG)とあまり変わりは無い。主機はDDGとしては初めてガスタービンエンジンを搭載し、巡航用と高速用を併用するCOGAG方式が採用された[1]。これは海上自衛隊で初めての採用例であるとともに、これ以降に計画された全ての甲型警備艦(DD・DDG・DDH)がいずれもCOGAG方式であることから、非常に重要な新機軸であった。

次級こんごう型(63DDG)が実質的にはアメリカ海軍アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦イージス艦)をタイプシップとする準同型艦であるのに対し、本型は基本設計が日本独自であり、国産艦建造技術として見所が多い。

船体[編集]

本型では対潜ヘリコプターの運用を行うために後部甲板に発着甲板、艦の動揺を抑えるためにフィン・スタビライザーが設けられた。ただし格納庫が無いため固有の搭載機は持っていない。

船体の基本形はしらね型(50/51DDH)を踏襲し、背負い式配置の前甲板砲熕兵装、凌波性向上のためのナックルライン、艦尾オープンデッキといったレイアウトが受け継がれている。一方、艦橋タービン吸気口といった艦上構造物ははつゆき型(52~57DD)のものがベースになっている。

前方即応能力をねらって、艦対空ミサイル発射機は1番主砲相当の配置となった。これに伴い関連装備も前部に配置されている。また、この発射機を波浪から守るため艦首にブルワークが設けられた[1]。これは海上自衛隊護衛艦では本型のみの装備である。結果、前甲板上の一般配置は前から、Mk.13単装ミサイル発射機5インチ単装速射砲アスロック発射機、という順になった。

1番艦「はたかぜ」と2番艦「しまかぜ」の外観上の差異は殆ど無いが、後者は錨が直線的な形状の新型=アドミラルティー型になっている。

兵装[編集]

本型の武器システムは、たちかぜ型3番艦「さわかぜ」のものを元にしている。戦闘システムの中核となる戦術情報処理装置は、OYQ-4を発展させたOYQ-4-1で、当時の護衛艦としては最高レベルの物であった。

主兵装の艦対空ミサイル・システムはターターD・システムであり、使用する艦対空ミサイルセミアクティブ・レーダー誘導スタンダードSM-1MRである。艦橋上部にイルミネーターが2基搭載されており、通常の運用では1基を誘導、もう1基を目標の追尾に使用する。そのため同時に管制できるミサイルは2発までである[2]

新造時から高性能20mm機関砲CIWS)も艦の後部両舷に計2基搭載されており、近接防空能力を強化している。

主砲Mk 42 5インチ砲(73式単装速射砲)はたかつき型(38~41DDA)1、2番艦の近代化改装の際撤去されたものの流用である。前甲板、後甲板にダブルエンダーで計2基装備された。前甲板の1番砲は甲板より一段高い2番砲相当の配置である。本型はMK 42を装備する最後の自衛艦となった。

艦体中央後部のスポンソン上にはハープーン艦対艦ミサイル発射筒がある。専用のハープーン発射筒の装備は、DDGとしては初めてである(たちかぜ型3番艦「さわかぜ」ではSAM発射機からSSMを発射可能としていた)後甲板の2番主砲より後ろはヘリコプター甲板となっている。ヘリ発着の際は砲身との接触を避けるため砲塔を真横に旋回させる。

Mk.13 mod.3 ミサイル単装発射機と73式54口径5インチ単装速射砲
74式アスロックSUM 8連装発射機
ハープーンSSM 4連装発射機
68式324mm3連装短魚雷発射管
ファランクスCIWS


遍歴[編集]

当初の計画では5隻建造される予定だったが、本型の誘導方式では搭載するイルミネーターの数によって対処できる目標数が制限されてしまい対処能力に限界があるため、イージスシステムを導入、こんごう型(63DDG)に移行することとなり、2隻建造にとどまった[1]。実際、1985年度予算では本型の3番艦とあさぎり型2隻を要求したものの、大蔵省査定の結果、後者3隻の建造が認められるという経緯があった。復活折衝に当たった防衛庁(現 防衛省)側も既に、イージス艦導入を視野に入れていた結果である。

本型には一時、近代化改修の計画があったようだが実現せず、就役後は大きな変化なく活動を続けている。平成24年度と25年度予算で、計2隻分の艦齢延伸のための先行的部品調達予算が計上された。艦齢延伸措置を行い、運用期間をこれまでより5から10年程度延伸する計画を予定している[3]

同型艦[編集]

艦番号 艦名 建造 起工 進水 竣工 所属
DDG-171 はたかぜ 三菱重工業
長崎造船所
1983年
(昭和58年)
5月20日
1984年
(昭和59年)
11月9日
1986年
(昭和61年)
3月27日
第4護衛隊群第4護衛隊
(司令部:呉基地
(定係港:横須賀基地
DDG-172 しまかぜ 1985年
(昭和60年)
1月13日
1987年
(昭和62年)
1月30日
1988年
(昭和63年)
3月23日
第1護衛隊群第1護衛隊
(司令部:横須賀基地
(定係港:佐世保基地

登場作品[編集]

映画
アニメ
TVアニメに於いて、国連海軍艦艇として登場。
ドラマ
「無人艦隊」で「はたかぜ」が出演
ゲーム
大半の作品で、“巡洋艦(CRUISER)”のCGモデルとして使われている。
小説
  • 『大逆転!ミッドウェー海戦』(檜山良昭作品 『大逆転!』シリーズ小説)
リムパック(環太平洋合同演習)へ参加する為、ミッドウェー島沖を航行中だった、海上自衛隊の護衛艦8隻が、アメリカのタイムトラベル実験に巻き込まれ、このうち4隻がミッドウェー海戦勃発直前の同沖にタイムスリップしてしまい、その4隻中1隻に「はたかぜ」が含まれる。
第65護衛隊(架空の艦隊)に所属する、はたかぜ型3番艦DDG-183「いそかぜ」が登場。ただし、改装してFCS-3VLSを搭載したという設定で、作中では「ミニ・イージス艦」として扱われた。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 自衛隊装備年鑑 2006-2007 朝雲新聞 P228-229 ISBN 4-7509-1027-9
  2. ^ アメリカ海軍において、ターター-D・システム搭載艦はいずれもNTU改修を受けて、スタンダードSM-2の運用能力を獲得することで、限定的ながら同時交戦能力を付与されているが、本型にはこのような改修は行なわれていない。また、現在、汎用護衛艦であるむらさめ型(30/31DDA)は、ESSMによる同時交戦能力を付与されつつあるが、公表されているデータにおいて、ESSMの最大射程はSM-1MRを上回っている
  3. ^ 平成24年度概算要求の概要 防衛省

関連項目[編集]

外部リンク[編集]