あけぼの (護衛艦・初代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
JS Akebono (DE-201).jpg
艦歴
建造者 石川島播磨重工業 東京工場
運用者 Flag of Japan.svg海上自衛隊
計画 昭和28年度
発注 1953年
起工 1954年12月10日
進水 1955年10月15日
竣工
就役 1956年3月20日
退役 1976年3月31日(保管船に転籍)
除籍 1981年3月31日
除籍後
その後 解体
母港 {{{母港}}}
主要諸元
艦種 乙型警備艦
艦級 同型艦は無し
排水量 基準 1,060トン
満載 1,300トン
全長 89,5m
全幅 8.7m
深さ
高さ 5.5m
吃水 3.15m
機関 蒸気タービン方式、2軸推進
* 石川島艦本改良型3胴蒸気タービン × 2基
* 石川島フォスター・ウィーラー2胴水管型 × 2基
機関出力 18,000PS
速力 最大速 28ノット
燃料 212トン
航続距離 16ノットで4,300海里
潜航限界深度
乗員 193名
搭載量
兵装 * 54式50口径3インチ単装砲 × 2基(1959年撤去)
* Mk.34 50口径3インチ単装速射砲 × 2基(1959年装備)
*Mk.1 40mm連装機関砲 × 2基(1959年1基撤去)
* 54式ヘッジホッグ × 1基
* 54式対潜爆雷投射機(K砲)× 8基(1959年4基撤去)
* 54式爆雷投下軌条 × 2条(1959年1基撤去)
艦載艇 {{{艦載艇}}}
艦載機 {{{航空機}}}
艦載機
搭載総数 {{{総搭載機数}}}
飛行甲板
C4I * Mk.51 射撃指揮装置 × 2基(1959年1基撤去)
* Mk.63 砲射撃指揮装置 × 1基(1959年装備)
レーダー * OPS-2 対空
* OPS-3 水上
* Mk-34射撃用
ソナー * QHBa 捜索
* QDA 攻撃
探索装置・
その他装置
電子戦
対抗手段
愛称
モットー
その他

あけぼのローマ字JS Akebono, DE-201,YAC29)は第二次世界大戦後、保安庁警備隊向けに最初に計画した国産警備艦建造計画に基づき建造されたDEであり、海上自衛隊発足後も引き続き使用された。同型艦はない。

概要[編集]

第二次世界大戦後創設された海上自衛隊の前身である警備隊は当初、艦艇の殆どがアメリカ合衆国から供与されたPFやLSSLであり、何れも最早旧式化しており、早急に新型艦を調達する必要性に迫られた。そこで、国産艦艇の建造が計画され甲型警備艦(DD)が2隻、乙型警備艦(DE)が3隻建造されることとなった。こうして建造された甲型警備艦がはるかぜ型護衛艦であり、乙型警備艦は、「あけぼの」といかづち型護衛艦が建造された。

乙型警備艦は有事の際の量産性やタービン機関ディーゼル機関の比較のため、タービン主機を搭載した「あけぼの」を1隻、ディーゼル主機を搭載したいかづち型を2隻建造する事となった。タービン主機を搭載した「あけぼの」の艦型は、はるかぜ型を縮小した設計となっていた。建造の際は、有事の際の建造期間短縮のためにブロック建造法が用いられた。上部構造の大半は復原性向上のためアルミ合金が多用され、甲板の高さも極力押さえられた。

兵装は第二次世界大戦時のものが殆どで、主砲も当初は貸与されたくす型警備艦等が搭載していたMk.22 50口径3インチ単装緩射砲のライセンス生産版である54式50口径3インチ単装砲と、Mk.1 40mm連装機関砲で、対潜兵装はヘッジホッグ爆雷などであった。

「あけぼの」はいかづち型より速力は勝っていたが、乗員がより多く艦内容積が窮屈で、以後のDEで蒸気タービン主機が採用されることは無かった。

艦歴[編集]

「あけぼの」は、昭和28年度乙型警備艦1201号艦として、石川島重工業東京工場で1954年12月10日に起工、1955年10月15日進水、1956年3月20日に就役の後、呉地方隊に配属された。

1956年5月15日第1護衛隊群に編入。同年8月1日、「いかづち」、「いなづま」とともに第1護衛隊群隷下に新編された第7護衛隊に編入された。

1958年12月12日から1959年3月25日の間で三菱神戸造船所において特別改装工事が行われ、54式50口径3インチ単装砲をMk.34 50口径3インチ単装速射砲に換装、射撃指揮装置もMk-51からMk-63に換装され、Mk34射撃用レーダーも搭載された。その代償として重量軽減のために前部40mm連装機関砲及び爆雷投射機(K砲)4基、右艦尾の爆雷投下軌条を撤去した。

1960年6月4日津軽海峡東口付近で夜間対潜訓練を実施中に僚艦「いなづま」の艦橋右舷に艦首が衝突、死傷者が出た。同年8月から石川島重工業において復旧工事を行い12月26日に完了した。

1964年12月10日、第7護衛隊が第3護衛隊群隷下に編成替えとなる。

1969年5月20日横須賀地方隊に編入され、定係港が横須賀に転籍となる。

1971年5月20日、横須賀地方隊隷下に第33護衛隊が新編され編入された。

1976年3月31日、「あけぼの」は新型DEの建造・配備が進展すると共に、艦内容積が不足し使い勝手が悪かったこともあり保管船29号(YAC29)とされ、第2術科学校の停泊実習艦として使用された。

1981年3月30日、除籍。後に兵庫県赤穂市坂越で解体された。本艦は国産護衛艦で解体された最初の艦である。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 石橋孝夫『海上自衛隊全艦船 1952-2002』(並木書房、2002年)
  • 世界の艦船 増刊第66集 海上自衛隊全艦艇史』(海人社、2004年)