ゆうしお型潜水艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゆうしお型潜水艦
Mochishio (Yuushio class submarine).jpg
SS-574 もちしお(1992年)
艦級概観
艦種 潜水艦
建造期間 1976年 - 1988年
就役期間 1980年 - 2008年
前級 うずしお型潜水艦
次級 はるしお型潜水艦
性能諸元
排水量 基準:2,200トン(5番艦以降50トン増)
水中:2,900トン
予備浮力:11.4%
全長 76m
全幅 9.9m
全高
吃水 7.4m
機関 ディーゼル・エレクトリック推進
(水上:3,447Ps 水中:7,300Ps)
川崎V8V30AMTL型ディーゼル機関 2基
推進電動機 1基
5翼ハイスキュード・スクリュープロペラ 1軸
速力 水上12ノット / 水中20ノット
乗員 80名(幹部10名、曹士70名)
兵装 HU-603B 533mm水圧式魚雷発射管
72式1型 魚雷
80式 魚雷
89式 魚雷
ハープーン USM
合計20発
6門
ソナー ZQQ-4(統合式)
SQS-36J(アクティヴ・ソナー・アレイ)
水中射撃
指揮装置
ZYQ-1
レーダー ZPS-5
ZLA-6

ゆうしお型潜水艦(ゆうしおがたせんすいかん、JMSDF SS YUSHIO class)は海上自衛隊が運用していた通常動力型潜水艦

うずしお型に続き、水中性能を重視した涙滴型潜水艦の第2世代であり、うずしお型の拡大発達型。昭和50年度(1975年度)、第4次防衛力整備計画により10隻が建造された。

概要[編集]

在来動力艦であるにもかかわらず水中雑音が大であり、水中行動能力に疑問を残したうずしお型の反省を踏まえ、当初から静粛性を重視して設計された最初の艦級である。その点で、ある意味では過渡期的な性格のある艦級であり、個艦ごとに若干の装備の違いが見られる。

船体構造はうずしお型と同じく複殻式で、耐圧殻構造材には、従来のNS63およびNS46に加えて、一部にNS80調質高張力鋼を使用し、潜入深度が増大した。特に3番艦以降ではNS80鋼の使用範囲が広がり、潜入深度が増大したとされる。艦内区画はうずしお型とほぼ同じ5区画だが、船体後部が延長されたことで、見かけ上のセイル位置がやや前進し、艦内容積にやや余裕が生まれたことから、付随的に居住性が改善した。

初めて5翼ハイスキュード・スクリューを採用し、回転数が減少したほか、プレーリー・マスカー遮音装置を装備(一番艦は就役時には装備せず)。新型の電池を装備したことにより、航続力は若干改善した。

海上自衛隊の潜水艦としては初めての完全デジタル式の統合ソナー・システムZQQ-4とセイル前縁にSQS-36Jアクティヴ・アレイ、射撃指揮装置にZYQ-1を装備し、80式及び72式1型魚雷を運用する。5番艦以降の6隻はハープーン対艦ミサイルの運用能力を持ち、水上排水量が2,250tに増大した(2番艦は1986年に、4番艦は1988年に、それぞれ付与された)。また、7番艦以降4隻は戦闘システムの統合化が進んだほか、SINSを装備した状態で就役した初の海自潜水艦となった。さらに、1987年には、4番艦はリーラブル式に改正した(船体に立てたスタンションに巻き付けて格納)曳航ソナー・アレイ(BQR-15)を搭載し、水上排水量が2,300トンに増大した。この改正は他の艦にも逐次実施された。

おやしお型の配備開始を念頭に、1996年より除籍と練習潜水艦への種別変更がおこなわれ、所要の改造を施した後、訓練任務、対潜水艦戦演習の標的任務等に従事。2000年3月には練習潜水隊が新たに編成され、ATSS-8008「せとしお」(旧SS-575)はTSS-3602に再度種別変更された。

2008年(平成20年)3月7日付で除籍した、練習潜水艦「ゆきしお」(旧:SS-581・TSS-3605)をもって、ゆうしお型潜水艦全艦が退役完了した。

1986年(昭和61年)に就役し、2004年(平成16年)3月に用途廃止となった7番艦「あきしお」は、2007年(平成19年)から海上自衛隊呉史料館建築基準法上の建物として展示されている。

博物館になった「あきしお」


なだしお事件[編集]

5番艦「なだしお」(SS-577)は遊漁船・第一富士丸と衝突し、これを沈没させた(30名死亡)。

同型艦[編集]

艦番号 艦名 建造 起工 進水 竣工 特務艦への
艦籍変更
練習潜水艦への
艦籍変更
除籍
SS-573
ATSS-8006
ゆうしお 三菱重工業
神戸造船所
1976年
(昭和51年)
12月21日
1979年
(昭和54年)
3月29日
1980年
(昭和55年)
2月26日
1996年
(平成8年)
8月1日
------- 1999年
(平成11年)
3月11日
SS-574
ATSS-8007
もちしお 川崎造船
神戸工場
1978年
(昭和53年)
5月9日
1980年
(昭和55年)
3月12日
1981年
(昭和56年)
3月5日
1997年
(平成9年)
8月1日
------- 2000年
(平成12年)
3月11日
SS-575
ATSS-8008
TSS-3602
せとしお 三菱重工業
神戸造船所
1979年
(昭和54年)
4月17日
1981年
(昭和56年)
2月10日
1982年
(昭和57年)
3月17日
1999年
(平成11年)
3月10日
2000年
(平成12年)
3月9日
2001年
(平成13年)
3月30日
SS-576
TSS-3603
おきしお 川崎造船
神戸工場
1980年
(昭和55年)
4月17日
1982年
(昭和57年)
3月5日
1983年
(昭和58年)
3月1日
------- 2001年
(平成13年)
3月29日
2003年
(平成15年)
3月1日
SS-577 なだしお 三菱重工業
神戸造船所
1981年
(昭和56年)
4月16日
1983年
(昭和58年)
1月27日
1984年
(昭和59年)
3月6日
------- ------- 2001年
(平成13年)
6月1日
SS-578
TSS-3604
はましお 川崎造船
神戸工場
1982年
(昭和57年)
4月8日
1984年
(昭和59年)
2月1日
1985年
(昭和60年)
3月5日
------- 2003年
(平成15年)
3月4日
2006年
(平成18年)
3月9日
SS-579 あきしお 三菱重工業
神戸造船所
1983年
(昭和58年)
4月15日
1985年
(昭和60年)
1月22日
1986年
(昭和61年)
3月5日
------- ------- 2004年
(平成16年)
3月3日
SS-580 たけしお 川崎造船
神戸工場
1984年
(昭和59年)
4月3日
1986年
(昭和61年)
2月19日
1987年
(昭和62年)
3月3日
------- ------- 2005年
(平成17年)
3月9日
SS-581
TSS-3605
ゆきしお 三菱重工業
神戸造船所
1985年
(昭和60年)
4月11日
1987年
(昭和62年)
1月23日
1988年
(昭和63年)
3月11日
------- 2006年
(平成18年)
3月9日
2008年
(平成20年)
3月7日
SS-582 さちしお 川崎造船
神戸工場
1986年
(昭和61年)
4月11日
1988年
(昭和63年)
2月17日
1989年
(平成1年)
3月24日
------- ------- 2006年
(平成18年)
4月14日

登場作品[編集]

漫画・アニメ
ソノラマ文庫版に「なだしお」、「はましお」が登場。
架空のゆうしお型潜水艦「やまうみ」が登場。東京湾内を航行中にゾンダー化した深海探査艇「りゅうぐう9000」と接触し、乗員が脱出した直後に「りゅうぐう9000」に取り込まれてしまう。
映画
なだしお」が架空の日本海軍潜水艦「伊51」役で登場。
国連Gフォース潜水艦として、「ゆきしお」がGフォース海軍に参加して登場。
小説
「せとしお」が登場。防衛庁長官(当時)直轄部隊(実際はDAIS指揮下)として、反乱を起こした架空のはたかぜ型護衛艦「いそかぜ」を追撃する。なお、映画版ではおやしお型潜水艦たかしお」が「せとしお」を演じている。
「もちしお」が登場。
「さちしお」と護衛艦むらさめ 」が登場。
「ゆきしお」が登場。
「なだしお」がモデルとされる架空艦「くにしお」が登場。

関連項目[編集]